トップページへ

2008.01.31

米Amazon 電子書籍リーダー「Amazon Kindle」ここ何年か、「eBook」の話題がちらほらと聞こえてきます。
米Amazon.comが電子書籍リーダー「Amazon Kindle」を発売したり、日本でもNintendo DS用ソフト「DS文学全集」が話題を呼んだりなど、少しずつ"本のe化"は進んでいるようです。
個人的には、"紙の本"で事足りているので、eBookの"よさ"があまり理解できずにいましたが、1つ、eBookの方がよいんでないの?という点を発見しました。

いま、真保裕一著『黄金の島』という本を読んでいるのですが、この本の中で、主人公の修司とベトナムで知り合ったベトナム人の何人かで、小さな船を準備して、ベトナムから黄金の島「日本」を目指して航海の旅に出ます。当然のように、航海の途中では("航海もの"のマストアイテムである)嵐に遭遇して、壮絶な海との戦いを繰り広げるわけですが、そんなこんなで、本も終盤にさしかかり、読み残したページが残り数十ページになった今でも、まだ海と戦っています。「もう少しで終わり」ってことは、「この本、海の場面で終わるな。」「結局、日本に着かないっぽいな。」「日本についても日本での展開はないな。」といった"余計な"想像が自然と働いてしまうことに気付きました。

本来、作者としては、ストーリーのなかで場面を盛り上げたりなどの展開の起伏をつけているわけで、「あともう少しで読み終わる」といった本の進み具合で勝手に「そろそろ展開も終盤だな」といった推測をされるのは本意でない気がします。でも、紙の本で読んでいる以上、進み具合は知りたくなくても分かってしまいます。

そこで、eBookです。eBookならあとどれくらい残っているか分からないようにできるような気がします。eBookで残りのページ数を気にすることなく読むことができれば、その本本来のストーリー展開を楽しめるのではないかと。
ということで、eBookに一票。
categories:books | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.01.30

ニコンのデジタル一眼レフカメラ「D60」ニコンのデジタル一眼レフカメラ「D60」が発表されました。
が、新しい数字の「60」を冠した割には、内容的には「D40x」の改良版といった感じです。
・ゴミ取り機能搭載
・被写体を見た目に近い状態でとらえるアクティブD-ライティング搭載
・レンズキットのレンズが手ブレ補正機構(VR)を搭載
という3点が(個人的には)魅力ですが、レンズの制約はD40と変わらずで、ライブビュー機能などの目新しい機能もないので、素人的には「D40でいいんでない?」」という感じです。

ということで、現在の(私のなかでの)順位は以下の通り。

Nikon D60 < Nikon D40 < Canon EOS Kiss X2

#夏頃に買おうと目論んでいますが、夏までまだ先長いなぁーw

2008.01.29

iPhotoプリントサービスの「フォトブック」が2月中まで20%OFF。というわけで、1/14に早速注文したフォトブックが、一昨日手元に届きました。注文してから2週間でした。

iPhotoプリントサービスの「フォトブック」が届きましたアメリカらしきところから届いた段ボール箱は思いの外大きく、その段ボール箱なかにさらに、写真にあるような化粧箱が入っていました。化粧箱のサイズに比べて、段ボール箱のサイズがかなり大きく、はじめからこの化粧箱のまま送ってくれれば、もうちょっと送料(945円)安くできるんでないの、と思った次第です。
化粧箱を開けると、アップル流にセロファン袋に入れられたフォトブックがお目見えしました。計36ページのフォトブックをペラペラめくってみましたが、すでに何度もiPhoto上で編集していたので、写真自体は既に見飽きていて、「これは4〜5年経ってから見ないと、ちょっと感動が薄まるなぁ」と思った次第です。
そして、写真のクオリティはというと、ネットの体験談等で語られている通り、もう一歩な品質です。もとの写真の問題という噂もありますが、全体的にちょっとノイズ感があるなぁと思った次第です。

今回はお試し気分で注文してみたわけですが、20%OFFのうちに、もう1回注文するかどうかは、要検討中です。なにげに、「iPhotoで編集しているうちに写真を見飽きてしまう」という弱点が引っかかっています。
ですので、(はじめて見る)人へのプレゼントには最適かと。

#昨日はseesaaの障害で、コメントや投稿ができませんでした。。
categories:apple | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.01.25

キヤノン EOS Kiss X2噂通り、キヤノンのデジタル一眼レフ「EOS KissデジタルX」の後継機が発表されました。
その名も、「EOS Kiss X2」。「EOS Kiss X2」は、「EOS KissデジタルX」と併売されるようですので、扱い上は"後継機"ではなく、"姉妹品"といった感じでしょうか。

スペックを見てみると、だいたいが事前予想を超えるものではありませんでした。(予想発表日とか予想スペックとかがだいたい当たっているのって、やっぱり情報が漏れ聞こえてくるから!?)
事前予想を超えた点で言うと、既存ユーザーの不満がちらほら出ているのが、
・バッテリーの仕様が変わり、容量が大きく
・メモリーカードが、コンパクトフラッシュからSDに
という2点です。しかし私の場合、既存ユーザーではありませんので、この仕様変更は大歓迎です。(SDにならないかなぁ、とまで事前に思ってましたからw)

そして、「ライブビュー機能」が噂通り搭載されました。そんなの必要ない、と言う人もいそうですが、あったらあったで結構使えそうな気もします。(どこかに置いてセルフタイマーで撮るときとかに便利そうじゃないですか。)

あとは、画像処理エンジンが「DIGIC II」から「DIGIC III」に変わりました。実際の効果の程はよく分かりませんが、数字が進化しているというだけで、素人的にはうれしかったりしますw

そのほか変更点はいくつかありますが、最後にやっぱり気になるのが価格です。ビックカメラ.comでは、
---
EOS Kiss X2 【ボディ】 ビック特価:89,800円(税込) 10%(8,980pt)
EOS Kiss X2 レンズキット ビック特価:99,800円(税込) 10%(9,980pt)
EOS Kiss X2 ダブルズームキット ビック特価:129,801円(税込) 10%(12,980pt)
---
となってました。「EOS KissデジタルX」と比べるとやっぱり高いですねぇ。でも、買うならレンズキットがおトクっぽいです。プラス1万円で、新しい手ぶれ補正付きレンズが付いてきますので。

#10万かぁ、と思うと、Nikon D40の「50,980円」という金額(しかもレンズ付き)が妙に魅力的に見えてきます。レンズの制約があるので、キヤノンにしようと考えているのですが、そこら辺が割り切れれば、D40という選択肢も再浮上しそうな気がします・・。でも、D40の後継機も出そうだし・・。(現状、ネットの情報にかなり流されまっくてますw)

2008.01.24

ケータイの世界がまた一歩前進したと思われるニュース
日本通信は1月23日、Appleが提供するメールサービス「.Mac メール」をNTTドコモの端末で利用するためのサービス「ConnectMail」を2月1日に開始すると発表した。
dotmac.pngドコモのケータイで、@docomo.ne.jp以外のeメールをやりとりしようと思った場合、現状では、Webメールのサイトにアクセスしてネットワーク上でやりとりするしかなかったように思います。
でも、今回発表されたサービスを使えば、ケータイ端末のメールソフトで@mac.comのメールアドレスが利用できるようになります。逐一メールが来ているかチェックしに行かなくても、@mac.comに新着メールが来た時点で、ケータイ端末に新着メールがプッシュ配信されるそうです。(←これ結構大事ですよね。)
これで、パソコンとケータイで別々にチェックしていたメールアドレスを1本化できるというわけです。

「このサービスを使うとiモードが使えない」というデメリットについては、正直あまり気になりませんが、年間4,800円を別途払うのが高いか安いかは、意見が分かれそうです。月に換算すると、400円/月。そう考えると、iモードの有料サイトくらいの値段なので、たいしたことはないですね。

#このサービスは、Appleの.Mac専用に開発されたわけではなく、他のメールサービスにもつぶしが効くそうです。しかし、数あるメールサービスのなかから、最初のパートナーにAppleを選んだ背景には、どんな戦略が隠されているのでしょうか?(Appleユーザは新しもの好きだから、とか?)
categories:apple | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.01.23

会社の健保主催の「歯科衛生指導」なるものに参加してきました。
歯科衛生士さん(と歯科医さん)が歯の健康を見てくれるという、ありがたい催しです。

今回はじめて参加してみたのですが、会場に行ってみると、歯科ブースがずらりと8つ。綺麗な衛生士さんに当たるかな、なんて淡い期待を抱きつつ、でも実際は、大阪弁のベテラン衛生士さんが担当。「若い人より信頼できていいんじゃない」と自分を諫めつつw、歯のブラッシングの指導を受けました。わたしの場合、下の歯がガタガタしているので、そこに歯石や茶渋よごれが残存しているとのこと。
歯科衛生器具「これから歯の汚れを取っていきます。」と言われ、歯医者にいるイメージで、「電動研磨機みたいなもので、こそげ落とすんだろうな」と想像していたら、なんと「手動」。金属の棒の先に、釣り針みたいに曲がった針がついた器具で、歯の表面をガリガリ。思いっきり力を入れてガリガリ。たまに、歯の端っこをガリガリするときに、器具が歯茎に当たって、けっこう痛かったり・・。
ちょっとした罰ゲームな時間が過ぎたあと、鏡で歯を見せてもらうと、上の歯も下の歯もキラリ。あれだけ力を入れないと取れないんじゃ、日頃の歯磨きくらいでは取れまへんな、と思いつつ、スッキリした気分で、会場をあとにしました。

喉元過ぎれば熱さ(痛さ)を忘れる、ということで、また来年もいこうかな、と。

2008.01.22

東京モノレール今朝の出勤時のこと。
モノレールのホームで、次の電車が来るを並んで待っていました。比較的前の方に並んでいたので、間違いなく座れる位置です。
ほどなくして電車がホームにすべりこみ、まず反対側の扉が開いて乗客を降ろしたあと、こちら側の扉が開きました。前の方に並んでいた私は、とくに焦る必要もありませんでしたので、余裕を持って乗り込もうとしたら、すぐ後ろの長身のサラリーマン(推定50歳)が私を抜かんばかりに、前にせり出してきました。
別に抜かれてもどうってことなかったのですが、なんか対抗意識が芽生え、スッと横にずれてサラリーマンの進路を塞ぎました。そして横にずれながら後ろをチラッと振り返ると、そのサラリーマンと目が合い、その目がちょっときつかったのを覚えています。

前にせり出してきたサラリーマンに対し「そうがっつかなくても座れるよ」と言いたい反面、大人げなく進路を塞いだ自分の行動にも後味の悪さを覚え、ちょっと複雑な気持ちになりました。

がっついている人を見ると、ついやり込めたくなってしまう"あの感情"というのは、いったい何なんでしょうかね?

2008.01.21

CANON EOS KissデジタルXただいま、デジタル一眼レフ欲しい病が発症中で、帰宅途中にビックカメラを覗いたり、「一眼レフ撮影レシピ」とかいった入門書を読みあさったりしています。

そもそも、それが発症するきっかけとなったのが、昨年末から我が家のメインコンピュータとなったiMacです。iMacのガラス液晶を通して見たデジカメ写真があまりに綺麗で、「もっと綺麗に写真を撮りたい」という欲求から始まり、いろいろ調べていくうちに出会った、Nikon D40のサンプル写真があまりに高精細なのに衝撃を受け、症状が悪化したという訳なのですw

現状では、Nikon「D40」ではなく、キヤノンの3月に発売されると噂される「EOS KissデジタルX」の後継機を狙っています。1月に発表があるとかないとか聞いていますので、ちょっと楽しみにしています。

#EOS KissデジタルXを店頭で触っていて、「あれ、液晶に映像が出てこないなぁ」なんて思っていたら、もともとファインダを覗いて撮影するのが基本で、撮影前の映像は液晶に映らないとのこと。ちょっと素人チックな誤解でした・・。
ただ、キヤノンの後継機種は、撮影前の映像が映る(ライブビュー)機能が搭載されるという噂があるようです。いずれにせよ、デジタル一眼レフをコンパクトデジカメのように構えているところを想像すると、ちょっとかっこわるそうですねw

2008.01.18

Thunderbird 2会社のWindowsでは、メーラーとしてThunderbirdを愛用しています。
今日、そのThunderbirdの挙動がおかしく、勝手に最適化がおこなわれたりしましたので、ちょっと調べてみたら、ハードディスクの残容量が「4KB」という悲しい表示になっていました。
デスクトップなどにあったファイルなどを諸々削除して、なんとか3GBは確保したのですが、なんとも心もとない状況です。
ファイルを整理したついでに、Thunderbirdのメールボックスが壊れても慌てないように、メールボックスファイルの複製をつくっておこうと思ったのですが、そのファイル群が計10GBもありました。3GBの残量では、複製もつくれません。
そこで、古メールの削除や、重い添付メールの添付削除などをおこない、7GBまでシェイプアップ。でもやっぱり複製はつくれません。
もちろん、外部のHDDなどにバックアップ取れば、という話はあるかと思いますが、会社のマシンには「秘文」なるソフトが入っていて、USB鍵がないとファイルを外部に転送できないような"親切設計"になっています。マシンの外に出すのも一苦労です。

家のiMacがまだ200GB以上容量が空いていることを考えると、数GB程度で悩むのが馬鹿らしくなってきました。8GBのSDHCメモリーカードが7千円程度で買える時代ですからね。
さて、バックアップどうしようかなw

2008.01.17

ひさびさのブログパーツです。

今回は、「1/28の11時に大発表がある」というauのバズマーケティングに乗せられてみようと思いますw
プロモーションサイトでは、「音楽マニア」「美画派」「エクササイズチーム」「おしゃれデザイン派」「薄軽ケータイ党」の中からひとつ選ぶと、そのブログパーツがもらえます。現状では、「おしゃれデザイン派」がダントツのようですが、何を隠そう私も「おしゃれデザイン派」です。(下にブログパーツを貼ってみます。)
ところで、「おしゃれデザイン派」以外については、「薄軽」や「音楽」「美画」などはわかりますが、「エクササイズ」というのは何でしょう?Wii fitのようなケータイゲームでしょうか。

ちまたでは、こんど出る春モデルのプロモーションでは?と言われているようですが、発表を待ってみて、今回のようなプロモーションが仕事として"使えそう"かどうか見極めたいと思います。

2008.01.16

今日はやっぱり「MacBook Air」でしょう。
わたしが気になった点をば。

・とにかく薄い!
ジョブズが「世界最薄」と言うだけあって、ほんと薄いですね。ちなみに、最薄部は4mmのようです。
(Macworld2008で、ジョブズがオフィス用封筒からAirを出すパフォーマンスは結構評判いいようですねw)

・光学式ドライブがないけど、「Remote Disc」で安心!
ほかのMacまたはWindows PCにRemote Discを設定すれば、Airでそのマシンの光学式ドライブが使える(間借りできる)という仕組み。
なんかそれで充分のような気がしてきました・・。(いままでそういった仕組みってなかったのかな!?)

・トラックパッドにマルチタッチテクノロジーを採用!
Airのトラックパッドなら、iPhoneやiPod touchで使われているあの"お作法"が使えるとのこと。二本の指でつまむ(ピンチ)、スワイプというやつですね。
これは素直に便利そう。

・イーサネット、FireWireのポートがない!
これって結構衝撃ですよね。Airのコンセプトに従えば、イーサネットの口がないのは納得ですが、Appleが推進してきたFireWireがないのは、ちょっと驚きです。まぁ、USBあれば充分ということですねw

・オプションで、HDDの代わりにSSDが選べる!
巷の予想通り、フラッシュメモリーが選べるようになってます。64GBということで、HDDの基準から言えば小容量ですが、スピードは速いそうです。
SSD搭載自体は驚きませんが、¥388,400円という価格には驚きです。高っ!

#ちなみに、HDD搭載であれば、アメリカのApple Storeでは、「$1,799」。日本のアップルストアでは「¥229,800」。為替レートを110円として計算すると、$1,799=¥197,890・・。
あれ、なんか高くねw

アップル「MacBook Air」登場!
categories:apple | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.01.15

フォトブックが20%OFFiPhotoプリントサービスの「フォトブック」が2月中まで20%OFFなんです。
iMacでフォトブックをつくる」と宣言してから早1ヵ月半、だらだらと注文を先延ばしにしていた甲斐がありましたw
写真のセレクトや配置などは既に終わっていて(あと補正も)、あとはキャプションを入れるだけになっていましたので、気合いをいれてキャプションを打ち込み、奥さんの校正が済んだあと、アップルのアカウントで1-Clickオーダー。あとは家に届くのを待つのみです。(気合いさえ入ればカンタンなことでした・・。)
費用はというと、2,000円(18ページ)の20%オフで1,600円、プラス送料900円、かける消費税で、しめて2,625円。届いてみて、それ以上の価値がありそうでしたら、2月中にもう一回注文したいと思います。(実物の感想は届いてからまた・・・)

#しかし、1冊頼もうが2冊頼もうが、送料はそれぞれに900円ずつかかるみたいで、そのあたりなんとかならないでしょうか。送料900円で3冊までOK!とかだったら、親の分も一緒に注文しとこうか、という気にもなるもんなんですがねぇw
categories:apple | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.01.11

「常識を覆す安さ」というのが今の時代のキーワードのようです。

小型のPCって意外と高いよね。そんな常識を覆す小型PC「Eee PC」日本発売のニュース
ASUSTeK「Eee PC」台湾の ASUSTeK Computer が発売し、200ドル台の低価格 PC として注目を集めている「Eee PC」が、日本でも発売される。
メモリメーカーのアドテックは、Windows XP を搭載した日本語版モデルを25日に発売する予定だ。11日から同社ダイレクトショップで予約受付を開始する。価格は4万9,800円。
OS非搭載でもう少し安くて、"売り"のフラッシュドライブの容量がもう少しあれば、欲しいモデルです。

車って、安くても70万〜80万円くらいはするよね。そんな常識を覆す小型車「Tata Nano」がインドで発表の記事
Tata Nanoインドの自動車メーカー「タタ モータース」が開発した超低価格車「Tata Nano」が発表されました。そのお値段はなんと2500ドル(約27万円)。
2008年中にインドで販売されるそうですが、いつか日本では発売されるのでしょうか?
思ったよりちゃんとしてそうですが、エアコン無しだときつくないですか?

ほかに、「常識を覆す安さ」で今後、期待するものとしては何があるでしょうか・・。
---
・4万円くらいの37型液晶テレビ
・3万円くらいのドラム型洗濯機
・2万円くらいのデジタル一眼レフカメラ
・1万円くらいのBOSE(M3)スピーカー
---
あら、全部、いま欲しいモノでしたw

2008.01.10

Blu-Ray ブルーレイワーナー・ブラザーズのBlu-Ray支持により、巷ではBlu-Rayの勝ちが決まりそうな雰囲気になってますね。
次世代DVD規格戦争については、比較的興味を持ってウォッチしてきたのですが、今まで見聞きしたことを簡単にまとめると、
---
Blu-Rayは高品質、大容量。ハードウェアも高い。
HD DVDは、現状のDVDに毛の生えた感じだけど、その分安価。
---
という印象を持ってました。ですので、普及するのは安価な方(HD DVD)かなと、漠然と思っていたのですが、状況はちょっと違っているようです。

そもそも、HD DVD陣営は「既存のDVD製造ラインが活用できるから次世代への移行が簡単で安価」と訴えることで、「容量が少ない」といったマイナス面をカバーしてきている印象で、私もその"ブランディング"に見事はまっていたわけです。しかし、よく考えてみると、価格については(業界標準となって普及が進めば)こなれてくるものなので、では最終的にどこで勝敗が決まるかと言えば、そこはやはり「品質」になるのではないかと。その意味で、「品質」ではなく、「移行が簡単・安価」という、言ってみれば"普及しちゃったらどうでもよくなる"ポイントで勝負を挑んだHD DVD陣営の"分"が悪くなっているのではないでしょうか。

#これは私の独断の意見ですので、実際は正しくはないかも知れませんが、モノにしてもサービスにしても、やはり最後は「品質勝負」であることは正しいような気がします。あのBOSE社がよい例かと。

2008.01.09

東京ディズニーランドで、パレード用のフロートの鉄柱が折れて、あえなくパレード中止とのニュース
ディズニーランド フロート千葉県浦安市の東京ディズニーランド(TDL)のパレード中に「フロート」と呼ばれる山車の鉄柱が折れた事故で、運営会社のオリエンタルランドは9日、同日に予定していた昼と夜2回のパレードの中止を決定した。
同社によると、事故を受け昼と夜のパレードで使用される全46台の山車の緊急点検を開始。安全が確認されるまで再開は未定という。こうした事故によるパレードの中止は開園以来初めて。
写真にインパクトがあったので、思わず取り上げてみました。バズ・ライトイヤーのやつですね。重さはなんと300kg。パレード中にこれが上から落っこちてきたら、相当ビビリますよねw

ところで、このニュースでもうひとつ気になったのが、「山車(だし)」という言葉。「山車」って日本の祭りでよく曳きまわされるアレですよね。なんか、「ディズニーランド」という"欧米的な感じ"と、「山車」という"純和風な感じ"がミスマッチでちょっとした違和感が・・。今度ディズニーランドに行ったら「つぎの山車は、ドナルドダックだぞー」と子供に言ってみたりしてw

2008.01.08

Netscapeブラウザが開発終了のニュース
Netscapeブラウザの開発が終了し、2008年2月1日でサポートが停止する。Netscapeチームが2007年末に公式ブログで明らかにした。
Netscape「NetscapeよりFirefoxでしょ。」と言われるようになって久しいですが、とうとう開発終了なんですね。その昔、ネスケとieで一生懸命ブラウザチェックしていた時代を少し思い出しました・・。

ブラウザといえば、来る2月13日よりie7の「自動更新による配布」がはじまるようですので、ie7のシェアがぐんっとあがりそうです。でも、会社のマシンはWindows2000なので、ie7は入りません。どうしたらよいんでしょw

#ところで、Netscapeは「ネスケ」、Internet Explorerは「ie(アイイー)」、といった感じに名前を略称で呼んだりしていますが、Firefoxって逐一「ファイヤーフォックス」ってフルで呼んでますよね。Firefoxのさらなるシェア拡大の"鍵"は、意外とこんなところにあったりして・・。
ちなみに、Wikipediaで「Firefox」を引いてみると、略称は「Fx」が好ましいとのこと。なんか金融っぽい香りして微妙ですねw

2008.01.07

冬のバーゲンセールの時期ですね。
今回のバーゲンでは、「カジュアル系のコートを買う!」を目標に、いろんな場所に出没しています。
今日までの軌跡をあげると・・。
---
1月2日 松坂屋・三越・LACHIC(いずれも名古屋栄)
1月4日 丸井・西武・阪急・GAP・JUNMEN(いずれも有楽町)
1月5日 西武・パルコ・東武(いずれも池袋)
1月6日 ららぽーと豊洲
---
冬のバーゲンセールけっこう行ってますね・・。でも、今週末も行きますよw。まだ目標を達成していないので。
行った先では、コートとは関係ない物はちょこちょこ買ってはいるのですが、まだ気に入ったコートには出会えていません。
そんななか、昨日行ったららぽーと豊洲のGLOBAL WORKでよさげなコートがあり、買う寸前までいったのですが、ウチの奥さんの反対にあい、あえなく買うのを断念しました。ウチの奥さん曰く「若者向けすぎる」とのこと。左右の胸に付いていた大きなポケットがそう思わせたようです。個人的にはそうは思わなかったのですが、そのあたりが男女の感覚の違いなのでしょうか。
普段、私が買う物にあんまり反対しないので、今回はその判断にゆだねようかと思います。でも結局、なんやかんやで「いいコート見つかりませんでしたー」で今回のセールを終えそうな気もするなぁw

2008.01.04

今日が仕事始め。本年もよろしくお願いします。

出勤後に早速、卓上カレンダーを2008年度版に差し替えです。
卓上カレンダーは毎年、会社でもらったノベルティの中から良さそうなやつを年末に選定しておいて、年初から使い始めます。昨年は1年間、ドコモからもらったドコモダケカレンダーを使ってきたのですが、今年は(部署が変わったこともあり)ノベルティのカレンダーが不作でした。結局、2008年版ドコモダケカレンダーも手に入らずで、どこかのベンダーのカレンダーを使うことにしました。

しかしよく考えてみると、この卓上カレンダーとは、この先1年もの長い間の付き合いになるわけです。しかも、毎日1度は見る"卓上カレンダー"って、ノベルティとしてのブランディング効果は結構"高め"なんではないかと。でも、その卓上カレンダーの有効期限は"1年間"です。なぜなら、1年後の年末に再度、カレンダー選定作業が待っているからです。ただ、選定作業の結果、前年と同じ会社のカレンダーが選ばれることもあり、その場合はもう1年、有効期限が延びるわけですが、そもそも前年と同じ会社のカレンダーが手に入らないことも多く、その場合、選定対象にも入らないわけです。これって企業側にとって、折角1年間お付き合いいただいた顧客をみすみす手放すみたいで、ちょっともったいない話だなと。
ならば、『前年に卓上カレンダーを使ってもらったユーザーの手元に、翌年の卓上カレンダーを確実に届ける仕組み』というのを考えてみるのも面白いのではないかと。例えば、Webでユーザー登録をさせるとかで。

卓上カレンダー卓上カレンダーに限らず、一年ごとにリセットされてしまう事って結構ありそうなので、そのあたりに"思考の枝"を伸ばしてみると面白いアイデアが出てきそうですね。

#卓上カレンダーで不満なのは、今日が何日なのかパッと見でわからないことです。そこで、2〜3年前から、磁石を使って"今日"に印をつけることにしています。朝、出勤したら、磁石を動かして、"今日"を移動させます。これってなかなか便利ですよー。
仕事でノベルティのカレンダーをつくる機会があれば、ぜひ採用したいなとw
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。