トップページへ

2008.03.31

ほんとにどうでもいい話ですが、日本橋三越で「假屋崎省吾の世界展」という華道展がやっていて、その券を急遽もらったので、最終日に自転車でぷらっと見に行ってきました。
会場に行ってみると、何かの行列が。あら、入場するのに並んでいるのか、と思ったら、假屋崎さん本人がサインを書いていて、それに並ぶ行列でした。「うん、テレビで見るのと変わらないな。」と自分の中で確認しつつ、会場内に入りました。

kadoten.jpg

なかは生けられた花や木でいっぱいだったのですが、いまいち私の中ではグッと来るものがありませんでした。。たぶん、木の枝とかをちくいち青い塗料とかで塗っているのですが、そのペンキ的な質感がテンションを下げていた気がします。色を塗ることで、ぱっと華やいで、色合い的にはビビッドになるのですが、個人的には木の質感そのままの方がよっぽど自然でグッと来そうでした。(あと、木の継ぎ目にネジがむき出しになっていたのを見たときも、↓でした。)

別に細かい部分ばかりを見ているつもりはないのですが、ついつい気になってしまって。そもそも、そんな「木を見て森を見ず」的な輩(やから)はお呼びでないのかも知れませんが、華道展のあとに行った、日本橋高島屋のエントランスにあった"豪奢な生け花"の方がよっぽど私的にはグッと来たのでしたw

2008.03.28

Adobeが無料で使えるオンライン画像編集ソフト「Photoshop Express」のベータ版(英語版)を公開したということで、早速登録して使ってみました。

これが登録画面。入力が必要な項目は少なめです。(CountryはUnited Statesしか選べませんw)
Photoshop Express

メールで認証後、早速ログイン。「Upload Photos」ボタンを押して、画像をアップロード。
Photoshop Express

写真がアップされました。2Gバイトのファイルスペースがもらえます。
Photoshop Express

これが画像編集画面。左のメニューからリサイズや色調補正、エフェクトなどの画像編集が可能です。
Photoshop Express

補正などをかけた際に、補正結果が上部にサムネイル形式で並んで、そこから適当なものを選べるようになっています。このやり方はいいですね。
Photoshop Express

これが補正結果。
Photoshop Express


Photoshopという名前は付いていますが、あくまで画像編集ソフトであり、Webデザインとかはできないようです。これくらいの画像編集なら普通にフリーのアプリとかでもできそうな気もします・・。そうなると、この「Photoshop Express」の使い道としては・・・、2Gバイトのフォトストレージとしてでしょうかww

#「Personal Sharing URL」として、好きな文字列で、□□□.photoshop.comというアドレスがもらえるのはちょっと嬉しいですね。↓これいただきましたw
http://ysk.photoshop.com/

2008.03.27

たまたま同じような記事があったので、メモを兼ねてエントリ。

-登録不要ですぐ使えて、無料――最大400Mバイト〜5Gバイトの大容量ファイル転送サービス4選
-ユーザー登録不要で100Mバイトまでファイル送信 「ビッグメール」

ファイル転送サービス両記事ともファイル転送サービスが紹介されていますが、キーワードは「無料」「登録不要」そして「大容量」。
仕事上、容量の大きなファイルを送りたい場面もちょこちょこありますので、100Mバイトくらいのファイルを登録無しで手軽に転送できるのはうれしいですね。覚えておいて損は無さそうです。

■リソナルが提供する、ファイル転送・一時預かりサービス「FileQ
 最大400Mバイト/1ファイル
■先端を行くオンライン・ストレージとファイル配信サービス「MEGAUPLOAD
 最大500Mバイト/1ファイル
■大容量ファイルを簡単メール送信「Postfile.jp
 最大1Gバイト/1ファイル
■無料ファイル送信サービス「Storage.Digital-write.jp
 最大2Gバイト/1ファイル
■無料で大容量ファイルを転送・送信できる「ビッグメール」 
 最大100Mバイト/1ファイル

#やっぱり仕事で使うなら、ファイルの中身を見られたりしないか、ファイルが流出したりしないか、宛先メールアドレスが漏れたりしないか、といったリスクが気になりますよね。宅ファイル便くらいの老舗ともなれば、これまでの実績であったり、大阪ガスがやってるから大丈夫か、といった安心感があったりしますが、そういった指標以外に信頼性を測る指標って何かないでしょうかね。

2008.03.26

ウチの子供は、今日、ウチの奥さんと幼稚園の友達とともに、10人くらいでイチゴ狩りに行っているはずです。電車で1時間30分くらいのところにある、津なんとか?とかいう場所に行くという話です。(なんとか津だったかな?)

イチゴ狩りイチゴ狩りに限らず、リンゴ狩り、ミカン狩り、ブドウ狩り・・・、なんにしても、現地でそんなにも食べられるはずもなく、現地で払うお金で、イチゴなりリンゴなりを果物屋さんで買った方がよっぽどおトクな気がするのは気のせいでしょうかw。家で食べる方が、決められた時間内でお腹に詰め込む必要もないので、何回かに分けて食べることができて、よっぽど効率的ですしね。

それでもやっぱりそういう「狩りモノ」が存在するというのは、
・自然と触れあいつつ、獲れたての味を満喫できる。
・ちょっとした贅沢品である果物を、いくらでも食べていいよという贅沢が味わえる。
・時間内にたくさん食べることで、「元を取った」という満足感がある。
といった魅力があるからなのでしょうか。

最近はなんでも"Web化"の流れが進んでいますが、このような「狩りモノ」のWeb化ってあまり聞いたことありませんね。もちろん、Webなんで、"自然とのふれあい"や"獲れたての味"を実現するのは難しいですが、「狩りモノ」の満足感というのをWebで再現することはできそうな気がします。例えば・・・

壁紙狩り
決められた時間内で、サイト内にちりばめられた壁紙ファイルをダウンロードしまくれる。

ミュージック狩り
決められた時間内で、サイト内にちりばめられたミュージックファイルをダウンロードしまくれる。

ドメイン狩り
決められた時間内で、好きなドメインを取り合う。取り放題。

う〜ん、いまいちブレークスルーがないですねー。もうひとひねり必要ですね。
(でも、ネーミングとしてはインパクトありますよねw)

2008.03.25

いまさらですが、このブログのデザインを少しリニューアルしました。(見出し周りとか。)

「Seesaaブログが使いやすいよ」と聞いて、このブログをはじめてから半年以上が経ちました。一番最初はSeesaaご提供の「ムーア」と呼ばれるデザインテンプレートを採用したのですが、そこからコツコツとデザインリニューアルを重ね、半年を経て現在のような見栄面になりました。

Photoshopでデザインし、画像を書き出して、アップロード。そして、Seesaaの管理画面でcssをカスタマイズ。その繰り返しです。あーでもない、こーでもないと、cssをいじった結果、どのブラウザでも想定通りのレイアウトで表示されると、それはそれで嬉しいものです。
そんなことを繰り返しているうちに、自然とcssの勉強にもなっている気がします。

これが原型のデザインテンプレート「ムーア」。
(原型からかなり変更しています。色味とかはちょっと似てますが。)
Seesaaご提供の「ムーア」

#このブログのエントリタイトル下のライン画像は、百式サイトのライン画像にインスパイアされて作ったものです(パクリとも言いますがw)。

#家のiMacでcssをいじる際は、最終的にWindowsでも確認しています。bootcampでXPを起動してもよいのですが、それが面倒くさいときは、「スクリーンショット.jp」というサイトでちょこちょこっと確認したりしています。

2008.03.24

仕事中は、パソコンのキーボードをパチパチ打ったり、メールやWebを見たり、人と話したりなどなど、常に何かをやっていることが多い。それで、もちろん仕事は進むけど、新しい発想とかアイデアとかはなかなか進まない気がします。
「端から見ると何もやっていないように見えるけど、実は頭の中で仕事をしている時間」というのが大事ではないかと。
しかしそれを仕事中に実践するには、人から「暇そうだね」と思われても、「気にしない」と思える強い心が必要ですw(←ウチの会社の場合ですが。)

(そんなに強いはずもない)わたしの場合は、ささやかながら、昼食後にトイレで歯を磨く時間をそれに当てています。歯を磨きつつ、トイレの窓からの眺めを見ながら、仕事について考えたり、何か新しいことやろうかなと考えたり、このブログに何書こうかと考えたり。
結構それで、先に進めることが多いような気がします。

(トイレの窓から見る風景)
トイレの窓から見る風景

OTOSHIMA BLOGで知ったのですが、六本木ヒルズ森タワーの49階に「六本木ライブラリー」という会員制のライブラリーがあるそうです。こういう場所こそ、「発想が進む場所」にふさわしいですね。(トイレでは・・、ねw)

2008.03.21

こういうアプリを捜していました。

もっぱら家のiMacではメインブラウザとしてSafariを使っていますが、フリーで手軽にマウスジェスチャを使いたい!と思っても、いままで適当なものがありませんでした・・。
昨日たまたま、「Safari マウスジェスチャ」で検索してみたら、「SafariGestures」というフリーウェアを発見。
早速家のiMacに入れてみました。

「SafariGestures」は、SIMBLプラグインとして動作しますが、もともと「Safari Stand」を使っていますので、既存の
---
Library/Application Support/SIMBL/Plugins/
---
に「SafariGestures.bundle」というファイルを入れればインストール完了!とってもカンタンです。

Safariでマウスジェスチャが使えるようになるフリーウェア「SafariGestures」「JavaAppletが動かない」という既知の不具合があるようですが、それ以外は今のところ快適に動作しています。(JavaAppletって使う機会少ないし、「JavaAppletが使えない」っていうことだけ知っておけばそれで充分かと。)

[2008.03.21 追記]
早速、JavaAppletの不具合が解消されていました!
SafariGestures Ver0.0.2

開発者ご本人も「人柱版」とご謙遜されている通り、まだ"生まれたてのアプリ"のようですが、充分実用性がある、今までありそうでなかったアプリかと思います。開発・ご提供ありがとうございました。

#欲を言えば、マウスジェスチャの軌道が色とかで表示されるともっと気持ちいい気がします。欲を言えばですが・・ww

[2008.04.07追記]
すでに軌跡の表示も実装されていました。もう"生まれたて"のレベルではないかと。
SafariGestures Ver0.0.6
categories:apple | Comment(2) | TrackBack(1)

2008.03.19

ウチの子の幼稚園は、小学校と併設されていて、今年で小学校・幼稚園設立20周年を迎えました。

記念誌っぽい?昨日家に帰ったら、20周年を記念し発行された「記念誌」が置いてあり、パラパラとめくってみることにしました。生徒や先生の写真と文章で構成された卒業アルバムみたいな冊子です。
ウチの子関連の内容をひと通り見たあとに、ついでとばかり、小学生の寄稿文を斜め読み。こういった冊子の定番でもある「将来の夢」が寄せられていて、そのなかのひとりの夢に、以下のようなものがありました。

『将来の夢は社長さんです。』
(うむうむ、"職業"じゃなくて、"職位"を夢にするあたりは、いま風の子供ということか。)

『なぜなら、おじいちゃんが社長をやっているからです。』
(なるほど。そういうことか。近くにいるひとに憧れる、というのはありそうな話だなぁ。)

『まずは下からはじめ、下の気持ちを理解してから、社長になりたいです。』
(・・・。)

すでに階級社会を理解されているようで・・。
大きくなったら、下(われわれ)の気持ちも大事にしてねw

2008.03.18

写真を楽しめるようになりたい人は、50mmという画角の単焦点レンズで、1万枚の写真を撮るといいですよ。
ある写真ブログを見ていたところ、こんな言葉がありました。

50mmという画角の単焦点レンズ35mmフィルム換算で50mmという画角は、人間が目で見た感じに近い自然な遠近感で写るため、目で見たまんまの景色を切り取るにはもってこいの画角。ある意味"標準"とも言えるその画角で、とことんシャッターを切ることにより、その"標準"の感覚がカラダに叩き込まれます。その上で、他の画角にも手を伸ばすと、(それをしなかったときと比べて)より写真を楽しめるようになる、ということのようです。

一般論で言い換えれば、『いきなり「応用」に入るのではなく、「基礎」を身につけてから「応用」に入ると、「応用」の幅が拡がりますね。』ということ。
う〜ん、確かに。

Eos Kiss X2に付けるレンズについては、いまかなり悩んでいるところですが、この言葉を聞いて、「EF35mm F2」というキヤノン謹製の単焦点レンズ1本でいこうかと考えています。(35mmという画角は、35mmフィルム換算で35×1.6=56mm。"標準"の50mmとは6mmずれますが、まあいいかなと。)

ホントはもっとお金があれば、「EF85mm F1.8」という中望遠レンズなども欲しいのですが、ちょっと資金不足です。まずは、「EF35mm F2」で修行かなと。

2008.03.17

どうやら花粉症のようだ。

ここ2〜3年、「花粉症になったかなぁ」と頭の片隅で思いつつも、「そんなことはない」と頑なに否定してきたわけですが、さすがに今年は、鼻水は垂れる、くしゃみは出る、目は痒い、というひどい状態で、いよいよ花粉症であることを認めざるを得ないようです。(←遅すぎw)
おまけに、花粉症と関係あるかどうかわからないけど、ここ1週間、頭が締め付けられるように痛かったりします。"鈍痛"ってやつですね。とりあえず、病院でもらった痛み止めを飲んでみようと思います。

とかく"花粉症"というと(わたしのような花粉症入門者にとっては)「周りの人も普通になってるし、時期が来れば直るし。」と軽く見てしまいがちですが、いろいろ調べてみると、やっぱり病院(耳鼻科)へ行って予防や治療をすべき病気のようです。たぶん「花粉症」という呼び名でなく、「季節性アレルギー性鼻炎・結膜炎」といった呼び名だったら、すぐにでも病院に飛んでいきそうな気もしますw

sugi_soufun1.png

2008.03.13


カメラの"撮影サンプル"の注目度って、とっても高い。

これは、一眼レフカメラ関連の情報収集をしている中で、改めて気付かされたことです。

新発売のカメラなら特に、撮影サンプルがWebにアップされようものなら、当然のようにクチコミやブログで話題になります。そして、誰も彼もが撮影サンプルを拡大したり、縮小したりして、「細部のつぶれ具合はどうか」「ノイズが発生していないか」「色ノリはどうか」等々つぶさに、そしてくまなくサンプル画像を見つくします。
"話題性"という意味での注目度だけでなく、撮影サンプル自体を"目を皿にして見る"という意味での注目度も高めなわけです。

つい先程、歯を磨きながらフト思ったのが、その撮影サンプルに広告を入れてはどうかと。広告を入れた撮影サンプルは、クチコミやブログで広まるし、サンプル自体みんなじっくり見てくれます。「○○の看板の色がちょっと偽色だな〜。」なんて会話が繰り広げられるんじゃないかと。(この例は、広告ってことを考えると、ちょっと良くありませんがw)

撮影サンプル

ほんのジャストアイデアでした。

#でも、広告のアイデアって、あらゆるものに"出尽くし感"が感じられる世の中で、珍しく、まだまだ発掘の余地が大きい分野な気が・・。

2008.03.12

_ysk blogは「Seesaaブログ」にお世話になっています。
ページの読み込みが少し遅いときがあるかな?ということ以外は概ね、Seesaaブログのサービスに満足しています。(無料ですしねw)

そんなSeesaaブログですが、1点だけ、どうにもならないことがあります。それは、トップページにページング(ページ送り)が付けられないことです。
他のブログとかの場合、トップページをスクロールダウンしながら記事を読んでいき、ページの下まで来ると「次のページ」というリンクがあり、それをクリックしていけば、記事を時系列的に追うことができます。しかし、Seesaaブログではそれができません。
というのも、Seesaaブログには、トップページのほかに、「個別の記事ページ」「カテゴリ別のページ」「月別のページ」しかないため、トップページにある記事の"続き"という概念がないわけです。
これって結構致命的で、スクロールダウンして読んでいった挙げ句、その先を見たい場合には、再度スクロールアップしてサイドバーの「月別のページ」とかに入ってもらうしかないのです。
これってなんとかならないかなーとWeb上を、「ブログ カスタマイズ」とかで検索・巡回してみましたが、現状、なかなかうまい手はないようです・・。

そこで、暫定対応ではありますが、記事の下に「月別ページ」へのリンクを付けて、そこに誘導することにしました。(これはカンタンで、コンテンツの設定にて、トップページの「記事」の下に「過去ログ」を入れて、ちょこっとHTMLを編集するだけです。あと、CSSも少々いじりました。)

仮のページング

「月別ページ」には、「前の月」や「次の月」に遷移できる"横渡りリンク"がついているため、そこに一旦入ってもらえれば、時系列的に記事を追うことが可能となります。
しかし、トップページと同じ記事が「月別ページ」にもあるため、トップページで見た記事が再度「月別ページ」にも出てきてしまう、という欠点もあります。(あまり美しくないですね・・。)

なにはともあれ、もう少しうまい手がないか、引き続き検討したいなと。

2008.03.11

キヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss x2」の発売日が、3月21日に決まりました!
こちらの記事より。
キヤノンは11日、デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X2」の発売日を3月21日に決定した。発表当初、発売時期を3月下旬としていた製品。オープンプライスで、店頭予想価格はボディのみが9万円前後の見込み。
21日といえば、下旬の始まりの日。そして、連休の中日ですね。下旬も下旬、3月31日とかに発売になるんじゃないかと言われていましたので、思ったより早かったです。
といっても、買うのは5〜6月を予定していて、それまでに「他製品への目移り」や「デジイチへの興味失速」、「思わぬ資金不足」といった"不測の事態"が発生しないとも限りませんが、とりあえずは21日に実機を見にビックカメラに行ってこようと思います。

以前触ってみたβ機からなんか変わったんでしょうか・・。

「EOS Kiss X2」の発売日

2008.03.10

わたしがエレクトロニクス商品を買おうと思った場合、とっても安いモノは除き、大抵は「価格.com」の最安値やクチコミをチェックし、「買ってもよい価格になっているか?」「致命的な欠陥がないか?」「他にいい商品がないか?」といった情報を得ています。そういう意味で「価格.com」は、『今後、閲覧できるWebサイトは1人につき3つまでとなります』という理不尽な法律ができた場合にも、その3つに残る候補となる気がします。(ほかはなんでしょうね・・。Wikipediaとか!?)

価格.com ロゴで、いま購入を検討しているデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss x2」についても、当然のように「価格.com」を定期的にチェックしています。そして、その「価格.com」の「Eos Kiss X2」のクチコミが、最近おもしろいことになっています。
何が面白いかというと、「Eos Kiss X2」のクチコミに、ソニーのデジイチ「α350」を強烈にオススメする人がいて、その人と、その人に反撃する人たちとのやりとりが面白くて、つい長い時間クチコミを読んでしまいます。(わたしのサイト滞在時間は、動画サイト並みに長いと思いますw)

こういうのはちょっと野次馬根性的で、本来の情報収集という目的からは少し外れているのですが、(Web制作者の立場から)逆に言うと、こういった人間本来の欲求を刺激できれば、サイトに繰り返し来てもらえる(しかも長時間滞在してもらえる)"強力なモチベーション"を提供できるのでは?と思ったりもします。
でも、クチコミュニケーションにおいて、マナー違反や暴言はダメですよね。やっぱり。

「価格.com」っていろんな意味で強力なWebサイトだよね、というエントリーでしたw

2008.03.07

いまデジタル一眼レフカメラ関連の情報をせっせと集めては読み、集めては読み、ということを繰り返していますが、そんな過程で「パンケーキレンズ」なるものに出会いました。
オリンパス 標準パンケーキレンズ「25mm F2.8」パンケーキレンズとは、薄いパンケーキのような形状をしているカメラ交換レンズを示す通称、とのこと。少し前に名前だけは耳にしていたのですが、このほど『オリンパス、標準パンケーキレンズ「25mm F2.8」発売』のニュースを発見し、その薄さ、その軽さにちょっと感動を覚えたのでした。

私がEOS Kiss X2用にと物色しているレンズはどれも250〜400gかそれ以上あります。しかし、このオリンパスのパンケーキレンズは95g。圧倒的に軽いです。厚さも2cmちょっとととても薄い。コンパクトデジカメからの移行組としては、どうしてもデジタル一眼のレンズの出っ張りが気になってしまいますが、出っ張りが2cmちょっとならスマートに持ち運びができそうです。

そして、このパンケーキレンズと一緒に、オリンパスから「E-420」というデジタル一眼が発表されました。その重さは380g。このパンケーキレンズを付ければ、合計で380+95で475g。これって偶然にも、EOS Kiss X2のボディのみの重さと同じです!
もともとEOS Kiss X2の軽さに惚れた身としては、ちょっとグラッとくるインパクトある数字です。

#ちなみに、わたしが調べた範囲では、EOS Kiss X2に付けられるパンケーキレンズはないようです。でも、早く買いたいEOS Kiss X2。(といっても実際は、6月くらい?)

2008.03.06

昨日は会社を休んで、ウチの奥さんのMNPにつきあいました。
もちろん、それだけで休んだんではないですけどね。(他の理由【1】確定申告に行くため【2】有給がかなり余っているからw)

昼頃に有楽町のビックカメラに行って、最後の"品定め"をおこないました。「買い物では、結局一番はじめに選んだものを買うことが多い」という格言(?)の通り、「あれは?」「これは?」とやった挙げ句、結局事前に決めていた「W61SH(ピンク)」を買うことに。値段は「1円」です。2年間変えられない、とか、いろんなオプションプランに加入の必要がある、とか諸々の制約や条件がありますが、まぁそのあたりはいかようにもなります。
それよりも、MNPで1万円のキャッシュバックや、新規加入で6,300ポイントのauポイントがもらえたり、家族割加入で初月使用料から3,500円引き、などいろんな特典が受けられそうで、まさに"いたれりつくせり"。さらに、「リスモの貯金箱」や「卓上クロック」などもおまけでもらいましたしねw

結局、茶没したSO506icは静かに息を引きとったため、販売店でやってもらえるアドレス帳データの移行サービスは受けられませんでした。でも、アドレス帳データはSO506icのメモリースティックに待避させてあります。そこで、私のケータイ(SO903i)にメモリースティックのアドレス帳データをコピーし、それをメールに添付して、W61SHに送付。受け取ったファイルをW61SH内で展開することで、見事、アドレス帳データの移行が完了しました。なんとかなるものです。

W61SH(ピンク)

ところで、昨日いじってみた印象として、W61SHのよいところは、
・デザインがよい。(金属部分の質感もけっこう高めです。色も綺麗で、カラーバリエーション全ての色がよい色だなと思ったのは初めてではないかと。)
・ボタンが押しやすい。(わたしも次のケータイはボタン面の広いケータイにしたいなと。)
・日本語変換が意外に賢い。(ケータイshoin6ってやつですね。)

一方、W61SHのもう一歩なところは、
・カメラがしょぼい。(わたしのSO903iの方が、よっぽどきれいに撮れます。)
・操作系画面のUIデザインがイマイチ。(ケータイアレンジで変えられる部分は変えればよいですが、それ以外の部分についても若干シャビィかと。)

まぁ、わたしのケータイではないので、どうでもいいちゃどうでもいいのですがw、やっぱり(自分のではなくても)ケータイ変えると何か気分も変わるようで、なんかいいですよね。こういうのって。

2008.03.04

Safari3の「ページ内検索」がなにげに気に入っています。
気に入っているので、意味も無く検索したりしてますw

何が好きって、command+Fで検索窓を出して検索ワードを入れると、画面全体が薄暗くなって、検索ワードが浮き出てくるというあの演出です。
検索ワードがハイライトされるというブラウザはいくつもありますが、画面が暗くなって文字が浮き出てくるのはSafariだけではないかと。
もちろん、ただの演出というだけではなく、検索ワードがとっても見やすくなり実用性も高めなのです。

メインブラウザの座を勝ち取るためには、ただ単に速いだけでなく、こういった演出や使いやすさも大きな要因になりますね。

Safari3の「ページ内検索」

#今頃気付きましたが、昨日アップしたケータイ画像、「SO560ic」となってました。ホントは「SO506ic」ですね。でもいいや、そのままでw
categories:apple | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.03.03

昨日、ウチの奥さんのケータイが水没しました。いや茶没しましたw
ケータイを、お茶の入った薬罐のそばに置いておいたところ、ケータイを持ったときに手が滑って、薬罐のなかにポチャン、という訳です。

ドコモ SO506icすぐに取り出して、すぐに拭いたみたいなので、一命はとりとめ、「とりあえず大丈夫そう」とのこと。
しかし、しばらく経ってケータイを見てみると、液晶画面の縁っこに"くもり"が出てきました。しかも、押せるキーと押せないキーがあることが判明。これはやばいとばかり、とりあえず住所録をメモリースティックに「全件保存」。これでひと安心と、もうしばらく様子を見ていると、液晶画面の縁っこの"くもり"がどんどん中に拡がっていきます。そして、押せるキーもだんだん減ってきて・・・。
まさにその様は、病気に冒された人間のようで、少しずつじわじわと病巣が拡がり、身機能も低下していき、いずれは・・・、といった様相です。

そして、どうにもならず一旦電池を抜いて、再度電源を入れ直すと、押せるキーがちょっと増えたりします。これはまさに、対処療法的に使った薬で一時的に元気になった患者のようで、でも、根本的解決にはなっていないので、またしばらくすると元の状態か、さらに悪い状態になっていきます。
今朝になっても、まだ"危篤"の状態を続けていますが、いつまでもつか・・・、という感じです。

ウチの奥さんといえば、さぞショックを受けていると思いきや、すでに新しいケータイにスイッチすべく、auのWebサイトを見ながら新機種をセコセコとメモっています。そして、早速今日、価格チェックにビックカメラへ行ってくるそうですw 

#この機会にドコモからauにMNP(ナンバーポータビリティ)するとのこと。そのわけは・・・。
・auで家族間通話が無料になったこと。(実家の親と電話でよく話をしてますのでw)
 ※家族通話無料はドコモも追随しましたが、実家の親をドコモに変えさせるよりは、自分が変えた方がよっぽど楽との弁。
・「MNPで10,000円キャッシュバック」のキャンペーンをやっていて、さらに家族割に入ると、3,150円がケータイ使用料から引かれるようです。いまがチャンス!ということですね。
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。