トップページへ

2008.04.30

予定通り、アップデートされたiMacが発売開始となりましたね。
デザインは変わらずで、スペックアップされたのは想定通りでしたが、価格が「13万9800円〜」と値下げされたのは、ちょっと意外でした。このスペックでこの価格は正直安いですねー。うらやましい!

と、ちょっと悔しさを残しつつ、昨日の話を少々。
アップルのイメージ昨日は、とっても気持ちのよい陽気にもかかわらず、特に予定もはいっていませんでしたので、子供と2人で散歩に出かけることにしました。
銀座の歩行者天国をぶらぶら歩いていると、ウチの子が急に「疲れた〜」と言い出しました(まだほんのちょっとしか歩いていないにもかかわらずですw)。ちょうど図ったように、アップルストアがすぐ先にありましたので、3階のシアターで休んでいくことに。ウチの子はココが大好きだったりしますw

その時3階のシアターでは、Aperture2のワークショップをやっていました。最近、RAW現像に興味が出てきた私としては、「ちょうど見たかったんだよねー」とばかり、最後まで見ていくことに。
しかし、Aperture2はいいですね。アップルならではの小技も効いていて、楽しく作業がおこなえそうなところが気に入りました。いつか欲しいなーと。

#昨日知ったのですが、iPhoto'08に入っているブック作成機能と、Aperture2に入っているブック作成機能って違うんですね。Aperture2の方が高機能で細かいカスタマイズができるようです。いわゆるプロ仕様ということ。先日、フォトブックを作ってみた私としては、Aperture2がますます欲しくなってきたのでした。

Aperture2のワークショップ終わりに、このあと16時から「ミュードラ×戸田恵梨香:ライブトークセッション」があるとの告知が。ウチの子もなぜか「見たい!」とのことでしたので、一旦ブックファーストで本を買いに行ったあと、再度アップルストアへ。混んでて入れないかなと思いきや、一番前の端っこに子供と2人で陣取ることができました。(なんか、すごいファンみたいですねw)
ミュードラと呼ばれるミニドラマを見たあと、いよいよ戸田恵梨香さんが登場。本人を目の当たりにすると、「さすが。」としかいいようがありませんね。
その後、司会者と戸田恵梨香さんのトークセッションが開始されたのですが、トークセッションが佳境に入った頃合いに、ウチの子が声を潜めて「まだお歌始まらないの?2人で歌うのかな?」と聞いてきました。2人でって、ひとりは司会の人だし・・。もうひとりは女優だし・・。
イベントのあと、ウチの子いわく「イベントって歌をやるものでしょ。」とのこと。歌がとにかく好きなウチの子には、トークだけではちょっと物足りなかったようですw

ともかくも、偶然、気になっていたアプリの話が聞けたり、テレビで見ている女優さんの話を聞くことができたりと、ちょっとアップル的でラッキーな休日を過ごしました。
categories:apple | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.04.28

iPhotoプリントサービスの「カレンダー」以前注文していたiPhotoプリントサービスの「カレンダー」が手元に届いたので、先週の土曜日に親にあげてきました。
あげるときにはじめて中を見たのですが、正直、思ったよりは品質は良かったです。紙もしっかりしたモノで、それなりに重量感もあります。また、プリント品質についても、よく見ればざらつき感はありますが、普通にカレンダーを見る程度の距離で見れば、結構キレイだったりします。

まあ何より親が喜んでいたので、今回のiPhotoカレンダーをあげる作戦は成功ではないかと。
また、次の機会も使いたいと思います。

#とはいえ、全く不満がないわけではありませんw。iPhotoカレンダーサービスで見直して欲しい点をいくつか。
・カレンダー部分で、せめて日曜日は赤色とかで表示してほしい。(現在は平日も土日も同じ黒。)
・カレンダー部分に写真が追加できるが、写真を追加すると日にちが消えてしまう仕様はやめてほしい。
・カレンダー部分の英語表示やフォント選択などのオプション設定がほしい。
・壁に掛ける用の穴が空いているが、カレンダーはそれなりに重いので、穴をプラスチックなどで強化して欲しい。(ちぎれそう。)
・送料が945円とちょっと高いかと。
(アップルにこの要望が伝わることを祈りつつ・・・。)
categories:apple | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.04.25

アップル、新型「iMac」を間もなく発表か?」の記事。
GeekSugarが米国時間4月24日に伝えたところによると、AppleはオールインワンデスクトップiMacに手を加えようとしているという。それはオーバーホールというより、「MacBook」や「MacBook Pro」で使われているIntelの最新「Penryn」プロセッサへの変更、そして、より容量の大きなハードドライブの採用と思われる。Appleは、2007年8月に新型デザインを発表して以来、iMacをアップデートしていない。
前々から言われていて、なかなか発表されない新型iMacですが、ほんとに"いよいよ"のようですね。
ウチにある新型iMacも、もう"新型"とは呼べず、"一世代前"なんて言われてしまうのかと思うと少し寂しいですね。
まあ引き続き、"我が家の"新型iMacということでw。

新型じゃない?iMac
categories:apple | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.04.24

銀色に輝く躯体から発せられた、耳をつんざくビープ音が、夜の静寂を切り裂いて我が家に響き渡った・・。

EFIファームウェア・アップデート1.3我が家のiMacですが、いまさらながら、EFIファームウェア・アップデート1.3をおこないました。このアップデートは「安定性を向上するため」というちょっと内容が曖昧なアップデートで、4月8日に公開されたモノでした。

このアップデートのやり方がちょっと変わっていて、システムを終了したあとに、電源ボタンを押しっぱなしにして実行します。電源ボタンを押しっぱなしにして暫くすると、iMacの本体からビープ音がするのですが、このビープ音が半端じゃありません。心臓の悪い人なら、ここじゃ言えないようなことになってしまうくらい、とても大きく、とても嫌な音がするのです。まさに、電子機器が壊れたときに鳴るような音です。(なぜこんな音?)
ひさしぶりに、Macが不安定だった時代のことを想い出しました。(あの時代は"予期せぬエラー"がよく発生して、そのたびに焦ったものでした。)

まだファームウェア・アップデートを実行されていない方は、わたしのように、嫁子が寝静まったあとのアップデートはやめた方がよろしいかとw


#このエントリにほとんど関係ないのですが、iMac絡みということで。
昨晩、「富士通の新製品がiMacな件。」という記事を発見。
前型のiMacにちょっと似ていますが、背面の足部分のデザインが健康器具チックなのが笑えます。
categories:apple | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.04.23

東京メトロの駅構内に掲載中のマナー広告。座席の独り占めはダメよ、と。

家でやろう

「やめよう」とは言わずに、代替案を提示するあたりに、グッと来ましたw

2008.04.22

昨日、お風呂につかりながら、奥田英朗著『サウスバウンド』を読み終えました。

奥田英朗著『サウスバウンド』『サウスバウンド』は2部構成になっていて、第1部は、中野を舞台に、主人公である上原二郎の小学校生活が中心に描かれています。そして、第2部は、沖縄県の西表島を舞台に、上原一家の新しい生活が中心に描かれています。
この作品のうまいところは、この作品構成にあり、第1部で「中学生からのいじめ」や「偏屈な父親への不満」などストレスのたまる現実社会(特に"中野"という舞台がより現実感を与えています)を読者に見せたかと思ったら、一気に第2部で、沖縄の南の島に舞台を移し、現実離れした開放感を読者に突きつけます。
その「溜まっていたモノが一気に吐き出された感じ」がとても気持ちよく、南の島での体験を上原一家と共有しながら、爽快な気分にさせてくれる作品となっています。

南の島にいきたくなりましたw。ほんとに。

#「サウスバウンド」は映画にもなっています。上原一郎は「豊川悦司」(←なるほど)。上原さくらは「天海祐希」(←そうきたか。)。という感じですw
どう映像化されているか、気になってきましたので、一度見てみます。
categories:books | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.04.21

Eos Kiss X2の宣伝キャラクターは"動物の親子"です。ライオンの親子に、ブルドッグの親子に、ペンギンの親子。
動物の親が動物の子どもを撮影するという設定で、ほほえましいテレビCMが流れています。

このキヤノンの宣伝が発する「誰でも簡単キレイに。」というメッセージは、ライバル社であるニコンの「本物を持つ喜び。」というメッセージ(キムタクのCMなど)とは対極にあって、とても面白いなと思います。

男性としては、玄人心をくすぐるニコンの宣伝展開にぐっと来てしまいますが、キヤノンがEos Kiss X2の宣伝展開をキープコンセプトで来たということは、「本格」というコンセプトでニコンとぶつかるのを避けたのか、はたまた商品によほど自信があるので、男性ユーザーにあまり訴求しなくても結果的に男性ユーザーが付いてくる、と判断したのか・・・。

ともかくも、マーケティングの参考になりそうな事例ですね。

#「動物の親子」の中でも宣伝でメインを張っているのが、ライオンの親子です。いまならダブルズームキットを買うと、ライオン親子の液晶クリーナーがもらえたりします。
なので、ファミリー撮影体験会でライオンを見たときは、「おっ、まさにEos Kiss X2のライオンだな」と(下の写真)。そして、体験会の最後にもらったお土産の中に、そのライオン親子の液晶クリーナーが入っていたのでした。(いまでは子供のおもちゃとなっておりますw)

ファミリー撮影体験会のライオン
Eos Kiss X2 + EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS

2008.04.20

昨日は、突風のさなか、上野動物園にて開催された「Eos Kiss X2 ファミリー撮影体験会」へ。
なにはともあれ、雨で行けませんでしたー、というオチにはなりませんでしたw

まず受付でEos Kiss X2ダブルズームキットを借り受け、オリエンテーション会場へ。ちょっとくどいかなー、というくらいのオリエンを受けたあと、いざ撮影へ。撮影タイムが2時間30分、そのあとのプリントアウトタイムが1時間というプログラムでした。

以下簡単に感想をば。
・絞りを開ける設定のまま撮影していたので、もっと状況に応じて設定を変える余裕をもたねばと。家族と移動しつつ一眼レフをいじりながら撮影するというので結構いっぱいいっぱいでしたw(←余裕なし)
・やっぱり背景ボケが楽しいなと。途中で、望遠レンズ(EF-S55-250mm F4-5.6 IS)に変えたら、よりボケやすくなったので、後半はずっと望遠レンズを使っていました。(でも望遠レンズの筒がちょっと長過ぎて扱いづらいなと。)
・家に帰って撮った写真を見ながら、(l購入したいと思っている)EF35mm F2などの単焦点レンズだとどう変わるのかが気になりました。オプションで貸してくれると最高でしたね。
・で、半日、いろいろいじってみた結論としては、Eos Kiss X2はやはり買いだなとw

昨日に引き続き、また作ってみました。
Eos Kiss X2 ファミリー撮影体験会

2008.04.19

明日というか今日は「Eos Kiss X2 ファミリー撮影体験会」。
Eos Kiss X2で写真を撮りまくろうと思いますが、やや天気が心配なところ。

iPhotoで写真を見かえしてみたら、上野動物園に行くのは、2007年11月24日ぶりと判明。そのとき、ペンギンの写真がまぁよく撮れていたので、記念に(←なんの?)トリアーノ・ブログ的に仕上げてみました。(時間があれば、こういう作り込みも楽しいもんだなぁと。時間があればですがw)

上野動物園 2007年11月24日

#コンパクトデジカメで撮ったこの写真と、明日にデジタル一眼レフで撮る写真。さて、どんな違いを見せるのでしょうか?(雨で行けませんでしたー、というオチもあるかもしれませんがw)

2008.04.18

Eos Kiss X2」の情報をマメにチェックする毎日。
そんななか昨日、価格.comのEos Kiss X2の掲示板(クチコミ)にこんな書き込みが出ました。
本日、有楽町ビックカメラで67300円+ポイント10%で売ってました。
有楽町ビックカメラ「おっ、安っ!」しかも会社の帰り道ある有楽町ビックだ。これはいかねば。ということで、昨日の会社帰りに(少し会社をはやく出て)行ってみました。
「67,300円+ポイント10%」という数字は、私の中での購入許容範囲内の金額であったので、「もしかして買っちゃう?」「でも、レンズとかSDカードとかまだ買ってないしなー。」「そうえば、今週末にEos Kiss X2撮影体験会もあるし。それからの方が・・。」などといろいろ心の中で問答を繰り返しつつ、売り場へ向かいました。

売り場に着いて値札を見てみると、(なんと!と言うかやっぱりというか)緊急値下げ前の「74,800円+ポイント10%」の金額に戻っていたのでした・・・。(タイムセールのような感じだったみたいです。)

手ぶらで雨の中を家に向かいながら、なんかくやしいような、でもちょっと安心したような複雑な気分になったのでした。

2008.04.17

紹介しようとして、あたためていたブログパーツがありました。あたためていたというより、どうやって紹介しようかなと考え中でもありました。

月刊剣道時代ブログパーツそうしたら、IDEA*IDEAでそのブログパーツが紹介されているのを発見。昨日の「月刊剣道時代のブログパーツが秀逸すぎる件」というエントリ。さすがに紹介の仕方がうまいですね。

同じ題材を、あの人ならどう料理するか?こういう偶然はとても勉強になります。

一応ブログパーツ配布先のリンクは載せておきますね。
月刊剣道時代ブログパーツ

昨日書いたGoogle翻訳の件、どうしてもまたやってみたくなりましたw。上の文章をGoogle翻訳で英語に翻訳し、その英語をさらに日本語に翻訳してみました。
を導入しようとして、貴乃花burogupatsu入れる。貴乃花よりも入れることが、どのように私には、否定的な考えを導入しています。

次に、そのアイデアのアイデアを紹介* burogupatsu発見されています。昨日の"月刊burogupatsu剣道は、あまりにも時代のスーパー"のエントリです。それは本当に良い方法を紹介しています。
同じ件名、私は何の料理ですか?この研究は非常にカジュアル。
「貴乃花」登場ですw。そして文章の〆は、「私は何の料理ですか?この研究は非常にカジュアル。」だって。

2008.04.16

昨夜、maclalalaを見ていたら、思わず笑ってしまったエントリがあったので、ここでひとつ。
それは「It’s Gonna Happen:偶然だぞ」というエントリで、Googleの翻訳機能のことが取りあげられています。詳しくはそれを読んでもらった方がよいのですが、Web翻訳が一般化してきた昨今、こういうことは他でも起こっているんだろうなと。

Googleの翻訳機能わたしもたまに、英語のページなどを見る際に、Webページごと翻訳サイトで翻訳してもらうことはあります。ですが、やはり基本は英語を読んで、わからない単語とかにあたった場合に、翻訳を参考にする程度です。いろいろなWebサービスが進化した今でも、翻訳だけはそんなに進化していないような気がするのは私だけでしょうか。。

エントリの中で、グーグルの翻訳機能は"苦笑をさそう「エンターテインメント路線を行く」結果になる"と書かれていました。いままで翻訳サイトごとの違いなど、あまり意識してなかったのですが、"そういう結果を比べて誤訳を楽しむサイト"というのもアリかもしれませんね。

#以上の文章をグーグルで英語翻訳して、さらに日本語翻訳してみました。
昨夜、 maclalala彼のエントリを参照している場合がうっかり笑いは、次の1つです。
とはいえ、 "偶然だぞ:偶然です。 "エントリで、 Googleの翻訳機能を取りあげことができます。詳細については、与えてくれたことをもっとよく読んで、ウェブ上でも翻訳されては、最近の全身が、これらの他の物事が起こっているとのかしら。

ときどき私は、英語のページを見るときには、ウェブサイトの各ページの翻訳文の翻訳は完了です。が、それはまだ読んで、基本的な英語、またはatatta言葉を知っている場合、範囲の翻訳文を参照してください。ウェブサービスが進化異なる今のところ、翻訳の進化だけではないことのように感じるだけではないのですか? 。

エントリでは、 Googleの翻訳は"と苦笑いするsasou "エンターテインメント路線を行く"検索結果"と書いていた。今までのように、さまざまな翻訳サイトが、あまりにも認識していないが、 "これらの結果と比較して誤訳を享受するサイト"アリかもしれないので。
「うっかり笑いは、次の1つです。」って・・・w

2008.04.15

Firefox3は今日現在Beta5がリリースされています。
Firefox2より断然はやい、という噂がかなり聞こえてきていますので、早速Mac版のFirefox3をインストールしてみました。

といっても、Firefoxのデフォルトを「3」にするのはまだはやいので、「2」と「3」を共存させることに。(以下手順メモ。)
【1】モジラのサイトからFirefox3 beta5をダウンロード
【2】落としたファイルをアプリケーションフォルダに「Firefox3.app」という名前にして放り込む
【3】MultiFireFoxというアプリをダウンロード(このページのDMG Downloadをクリック)
【4】落としたファイルのうち、MultiFireFox.appのみ、同じくアプリケーションフォルダに放り込む
【5】ターミナルを開いて、「/Applications/Firefox3.app/Contents/MacOS/firefox -ProfileManager」を打ち込む。
【6】Profileマネージャが開くので、Firefox3用のProfileを新規作成
で、Firefox2を開くときは、普通にアプリケーションフォルダのFirefox.appを開く。Firefox3を開きたいときは、MultiFireFox.appを開いて、Firefox3と【6】で作ったProfileの組み合わせで開くようにしています。

Firefox3という流れを経て、少しずつFirefox3を使い始めましたが(やはりはやい気がしますw)、ちょっと困ることが。それはアドオンの機能拡張がまだまだ少ないという点です。ないならないなりに使っていくことはできますが、「マウスジェスチャ」くらいは欲しいなと。
でも、モジラのアドオンサイトを探してみても、対応しているマウスジェスチャは現状無さそうです。。
でもあきらめずに、Googleでちょこちょこ調べてみると、「FireGestures」というアドオンのページがヒット。そのページには「Works with: Firefox 2.0 - 3.0b5pre」の文字が。「おっ」と思い、モジラのページからこのアドオンをインストールしようとしたのですが、「このアドオンは古いバージョンのFirefox向けです」の文字が書かれていてインストールできず。う〜ん、どうして?

[追記 2008.4.17]
こちらのページからFireGestures 1.1がダウロードできます。Firefox3 Beta5にインストール可能です!以下は流してくださいw

と、ここで、以前Thunderbirdのアドオンを"編集"した記憶が甦りました。で早速同じようにやってみると、「FireGestures」が無事Firefox3で機能するようになったのでした。(以下手順メモ。)
【1】「FireGestures」をSafariなどでダウンロード
【2】拡張子を「xpi」から「zip」に変更。そしてzipを解凍
【3】解凍してできたファイルの中の、install.rdfをテキストエディタで開く
【4】「3.0b5pre」を「3.0b5」に変更後、保存
【5】ファイル群を再度zip圧縮して、拡張子を「xpi」に
【6】Firefox3の機能拡張を開いて、そのxpiファイルをドラッグアンドドロップ。あとはいつも通り

やっていることは、単に対応バージョンの記述をちょこっと変えているだけなのですが、本来的には、配布物を勝手にいじってはダメではないかと思いますので、基本的にFirefox3への対応を待つことをオススメします。(ここまで書いておきながら、ではありますがw)

2008.04.14

最近のケータイ事情について。
話もしないのに携帯かけっ放し 最近の中高生は本当にこうなのか」という記事がありました。
携帯電話の無料通話を使って、話もしないのにかけっ放しにしている中高生がいる。そんなブログの情報が、話題になっている。
・・・「家に着いた途端彼や友達と通話しっぱなしにする。しゃべらないで、ゴソゴソとか音だけを流してるぽい」
ケータイの無料通話まぁケータイキャリアとしては、ケータイの無料通話をはじめる際に、「かけっぱなし」というのは当然想定済みの使い方だと思うので、さして驚くことでは無いかと思いますが、よもやゴソゴソ音を聞いているというのは想定の範囲外なのではないでしょうか。
例えば、同じテレビを見ながら会話をするであるとか、お互い食事をしながらハンズフリーで会話するであるとか、そいういった使い方ならイメージしやすいんですけどね。

ウチは2〜3年前からYahoo!BBで奥さんの実家(名古屋)と固定電話で無料通話をしていますが、さすがにゴソゴソ音を流したりはしてません

#なんか「ゴソゴソ音」という言葉を連発していますが、なんか繰り返し言いたくなりますね、ゴソゴソ音。おっ、Atokの文字変換で「ゴソゴソ音」が単語登録されたようですw

2008.04.11

Kissではじめるデジタル一眼 ファミリー撮影体験会昨日家に帰ってから、ふとダイニングテーブルの上を見ると、キヤノンからの封書が。

そう、「Kissではじめるデジタル一眼 ファミリー撮影体験会」の招待状が届いたのです。少し前のエントリで「どうも抽選にハズレたようです」と書いたのですが、どうも抽選にアタったようですw
「やっぱり、Eos Kiss X2とは縁があるのかなー」←なにをいまさらw

このイベントの申し込みのページには、『当選者には1週間前までにご招待状を送付します。』とあったのですが、ホント1週間前ギリギリでの到着。申し込み開始15分後には申し込み完了していた人に、期限ギリギリで招待状を送る。キヤノンもなかなか気を持たせますねー。

ともあれ、あとは天気に恵まれることを祈りつつ、EOS Kiss X2で上野動物園を(というかウチの子供を)バシバシ撮ってきたいと思います。

#このイベントでは、撮った写真の中から気に入った10枚をキヤノンのピクサスで印刷してくれるそうです。それを知ったウチの奥さんは、「それってLサイズ?」と聞いてきました。なるほど、そういう所を気にするのね。ちなみに、招待状には何サイズかは書いてありませんでした。
Lサイズであることを祈っていますw

2008.04.10

親への誕生日プレゼントとして、iPhotoプリントサービスの「カレンダー」をあげようかと計画中です。

iPhotoプリントサービスの「カレンダー」毎年ちょこちょことしたモノをあげていたのですが、あくまで"ちょこちょことしたモノ"なので、たいして喜んでいる様子もなく、こちらとしても毎年考えるのも面倒になってきて・・・。
ということで、子供の写真を適当に選んで、カレンダーに仕立てて贈る、というルーチンに出来ないかと思いついたのです。(なんかちょっと義務的な感じになってきましたがw)
まずは、1回頼んでみてどんなもんかを確かめてみようかと。

前回、フォトブックを注文してみた感想としては、"品質的にもう一歩"という印象だったのですが、カレンダーはどうせあげるモノだし、親もそれほど品質にはこだわっていない気もするので、まあいいんじゃないかと。

昨日、iPhoto上で写真の配置まで済ませたので、今日明日で画像補正して注文してみようと思います。

#昨日ウチの奥さんと話をしていて。毎年末、私が子供の写真を加工してレイアウトする年賀状の話になり。「なんかパソコンですっごく細かいところまで調整しているみたいだけど、できあがったもの見ても何が変わったのかわからない。」と言われました。要は「フツーの人はそんな細かいところまで見てないよ。品質とかが多少悪くても気にしないんじゃない。」と言いたかったようですが、毎年、画像を切り抜いたり、色を補正したり、1px単位で配置を考えたり、こだわって年賀状をつくっている身としては、そういう風に言われちゃうと「そんなもんかな。」と思わざるを得ず・・。
でも、まぁ、わかるひとにわかってもらえればいいんじゃないかとも。
categories:apple | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.04.09

ミニノートがちょっとしたブームですね。
HP、500ドルのミニノートPCを発表」の記事。
米Hewlett-Packard(HP)は4月8日、500ドルを切る価格のフル機能ミニノートPCを発表した。
ヒューレット・パッカードのミニノートブームの火付け役としては、やはり「EeePC」でしょうか。「EeePC」を最初見たとき、仕事でもプライベートでもそんなに必要ないにも関わらず、「欲しい」と思ってしまったので、"小さくて""軽くて""安い"ミニノートというのは需要があるんでしょうね。

個人的には、工人舎の「SAシリーズ」なんかも(費用対スペックで見ても)結構いいんじゃないかと思っているのですが、「工人舎」という名前自体、ミニノートが話題なってからはじめて知りました。どんなメーカーなんでしょうか・・。

でも、Macユーザとしてはやはり、iPod touchも気になります。ノートパソコンと言うことであれば、MacBook Airということになるんでしょうが、ミニノートというカテゴリに入れるのであれば、iPod touchの方が適当な気がします。
もちろん、他のミニノートと比べてiPod touchで出来ることは少ないけど、iPod touchにしか出来ないことも多いので、そこは割り切りかと。

なんて、あれこれ妄想しつつも、ミニノートを買う予定は全くと言っていいほどありませんw

2008.04.08

Kissではじめるデジタル一眼 ファミリー撮影体験会」というキヤノンのイベントに申し込んでいたのですが、どうも抽選にハズレたようです。

Kissではじめるデジタル一眼 ファミリー撮影体験会このイベントは、来る4月19日・20日に上野動物園で開催され、Eos Kiss X2 ダブルズームキットを貸し出すので自由に撮ってちょうだい、というイベントです。購入前の最終確認になるかなと思い、(かつ上野動物園のチケットももらえるので、家族サービスにもなるかなとも思い、)申し込み開始と同時くらいに申し込んでいたのですが、Web上のクチコミを見てるとどうもチケット発送が既に行われているみたいで、まだチケットが届いていないウチはハズレということかと。当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます、という訳ですね。

いい写真が撮れたらブログにアップしようと思ったのに。ちょいと残念です。

こういう企画は、参加できた人は"購入のモチベーション"がとっても上がるけど、参加できなかった(抽選でハズレた)人は(期待していた分)結構モチベーションが下がってしまうので、その効果は「諸刃の剣」ではないかと。「この機種とは縁がないのかなー」なんて思っちゃう人もいるような気がします。わたしはどうかというと・・・。

たぶん、今回の企画がある程度対象者が限られていたこともあり、「なんか当たりそう」と勝手に期待しちゃったので、その分落胆も大きくなったのではないかと。普通の懸賞とかだと「ハズレて当たり前」なので、ハズレても全く気になりませんが・・。

以上、昨日のエントリに引き続き、「選ばれなかった者」のしがない抵抗でしたw

2008.04.07

今日の曇天とはうってかわって、昨日はいい天気でした。
散歩がてら、子供と2人で、銀座のソニービルで開催中の「リサとガスパール ソニービルへいく」のイベントに行ってみたのでした。
リサとガスパール ソニービルへいく

1階のロビーでリサとガスパールのぬいぐるみとひとしきり写真を撮ったあと、メインイベントである「リサとガスパール」スタンプラリーに参加しました。ソニービルのB2階〜5階までを巡って、全部のスタンプを集めると、"リサ・ガスグッズ"が抽選で当たるという趣向です。

ソニプラやマネックスなどのテナントもめぐりながら、5つのスタンプを集めて、いよいよ抽選。パソコンを使ったスロットで、同じ英字が3つ揃うと、アタリ。3つ揃わなければ、ハズレ。ハズレても、もれなく、リサ・ガスのシールがもらえます。
わたしと子供の分で2回抽選に参加したのですが、予想通り2回ともハズレ。2枚のシールを「ハズレでした〜。残念でした。」と言われつつもらいました。ウチの子はちょっと涙目で、「シールでもいいよね。」と強がっていたのでした。(ホントはリサ・ガスの傘が欲しかったみたいです。)

ウチの子の性格として、基本的に負けず嫌いなので、たぶん傘がもらえなかったことより、「ハズレ」「残念」と言われたことの方がヘコんだ原因だったようです。とはいえ、もらったシールもなかなかカワイイもので、商店街の福引きのティッシュよりよっぽど良いものでした。ならば、抽選を「ハズレ無し」にして、「はい、S賞アタリです〜。」とか言いつつシールをあげるようにすれば、ウチの子も気持ちよく家に帰れたような気がします。

ちょっと親バカチックではありますが、何かを企画する際は、こういうことにも気をつけると、みんながハッピーになれるんじゃないかと思った次第です。ものは言いようということでw

2008.04.04

カメラ熱が冷めやらぬ昨今、日課としていくつかの写真ブログを見てまわったりしていますが、そんなお気に入りの写真ブログのひとつに、昨夜、新たなサイトがひとつ加わりました。

トリアーノ・ブログ(リーヴ・ドロワット)

これまで写真ブログを見てまわる中で、よくありがちなのが、写真を加工してブログ名などを入れているケース。これはたぶん、「流用しないでね」というメッセージも込められているのだと思いますが、どうせ素人の写真なんだからそこまでしなくても・・なんて気持ちもどこかでありました。
トリアーノ・ブログを発見したときも、そんな感じかなと思ったのですが、遡って見てみると、ちょっと加工のレベルが違いました。写真が(素人ではなく)プロのセンスで加工されていて、「商用?」と思えるほどの"作品"に仕上がっています。文字の入れ方やフォントの選び方など、ただ者ではない出来です。

過去の写真を見ていく中で、特に気に入ったのはこちらの写真。う〜ん、すごすぎ。
トリアーノ・ブログ

#写真は加工しないでそのままがいい、なんて思ってましたが、ここまで出来ればホント楽しそうですよね。そのぶん、時間もかかりそうですがw
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。