トップページへ

2008.05.31

kissx2ef35mm.pngCanon Eos Kiss X2をとうとう買いました!
あと、Canon EF35mm F2も一緒に買いました。

ビックカメラ有楽町店で、
:74,800円(ポイント18%)
:34,800円(ポイント15%)
でした。

カメラボディは、ポイント分を差し引けば、61,336円也。6万円くらいになったら・・と思っていましたので、まあ満足です。
レンズの方はかなり前から発売されているレンズで、3万円くらいから値がほとんど変わらないので、ポイントが多い時を狙いました。

ただいま充電中なので、充電終わったら、いろいろ使ってみたいと思います。取り急ぎ。


#写真右上:箱です。乾燥剤も買いました。
#写真真中:レンズをつけてみました。
#写真右下:ほかで使っていた入れ物を防湿庫の代わりにしてみましたw







2008.05.30

現在、様々なWebサイトで様々なリコメンデーションツールが使われていると思いますが、なにをもってサイト訪問者にリコメンドするのか?と言えば、それは、購入履歴であったり検索履歴であったり、いろいろあると思います。

そんなうちのひとつとして挙げられるのが、サイト訪問者の"居住地域"です。サイト訪問者の住んでいる地域に見合った情報を出し分けて掲載する。そうすることで、その情報が見られる割合やコンバージョンレートが上がったりするわけです。

サイト訪問者の住んでいる地域をどうやって見分けるかについては、私の知る限り、だいたい3つあって、
【1】会員登録情報の「住所」を引っぱってきて、情報を出し分ける(会員ログイン後のみ)
【2】事前に住んでいる地域を選択してもらい、その情報をcookieに保存して、情報を出し分ける
【3】サイト訪問者のIPアドレスから居住地域を判別して、情報を出し分ける
くらいではないかと。
【2】については、Yahoo!トップページ右上の天気情報でも使われているようです。
一方、【3】については、ちょうどつい先日、そういうサービスを提供する会社さんと話をしたのですが、会社からのアクセスについては、判定不能だが、家庭からのアクセスについては、かなりの率で居住地域が分るそうです。(仕事で使えるかな?)

先日、GIGAZINEの記事で、その【3】の技術を使ったブログパーツが紹介されていました。
ジオターゲティングブログパーツでは、IPアドレスから地域を判別して地域別のアクセス状況を表示できるようです。自分のブログを見に来た人がどこに住んでいるかを知ったところで、「だから?」ではありますが、ランキング1位の地域の人向けに、「○○県にお住みの方へ!」とその地域向けのエントリを書いてみるのも面白いかもしれません。


ジオターゲティング

2008.05.29

Aperture2待ちに待っていたMac OS Xのアップデータが公開されました!
それは、OS10.5.3。・・ではなく、デジタルカメラRAW互換アップデートver2.1です。
このアップデートで、OSレベルでEos Kiss X2のRAWデータが扱えるようになります。もちろん、iPhoto '08Aperture 2でもOK!
EOS Kiss X2を買ったらRAW撮影をしたいと思っていたので、OS XがRAW対応するまで、EOS Kiss X2の購入を待っていた節もあります。(ほんとか?)

あとは、EOS Kiss X2買うだけなんですが、もう一点考え中なのが、RAW現像を手持ちのPhotoshopCS2で行うか、Aperture2を買うか、それともCS3にアップグレードするか。(CS2では、EOS Kiss X2のRAWデータを扱えないため、DNGなどに一度変換する必要があり、かなり面倒だったりします。)

やっぱりAperture2かなぁ。

2008.05.28

アップル、タブレット型Macを2008年秋に発表か?」のニュースが出てました。
ある情報提供者が、Appleが12または13インチのタブレットを2008年の秋に発表すると筆者に教えてくれた。最も可能性が高いのは9月または10月の時期だという。フルバージョンの「Mac OS X」が稼働し、SuperDriveをロードするスロットを備え、「iPhoneタイプ」のGPSチップとIntel「Core Duo」プロセッサ(おそらくは「Intel Atom」)を搭載するようだ。
先日発表されたHPのミニノートもそうですが、時代ややはり"ミニ"に向いてきていますね。
いままで中途半端な大きさのノートPCで我慢していた人たちが、ホントに小さく値段も安めのミニノートに流れてきているのではないかと。

家や会社では大きな画面のデスクトップPC、モバイル用にはごくごく小さいノートPC、とメリハリをつけた使い分けがやっぱりよさそうですよね。

そういう意味では、タブレット型Macについても、革新的な値段で出てくれることを期待しています。

・いろんなサイトで見つけたタブレット型Macたち
いろんなサイトで見つけたタブレット型Macたち
categories:apple | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.05.27

Webマーケティングとかの話になるとよく出てくるのが、"人がモノを購入するまでの意思決定モデル"の話。英語4文字とか5文字のアレです。
最近、家のiMac用のスピーカーがほしいと思い始めたので、その過程を意思決定モデルに当てはめてみました。

【Attention:注目する】
ビックカメラ有楽町店でBOSEのM2(Computer MusicMonitor)というスピーカーを見て、おっ、これはいいぞと。ウチのiMacとデザイン的に合いそうだし、なによりあの小ささであの迫力はBOSEでしか出せないのではないかと。

【Interes:興味を持つ】
家に帰って、現在iMacに繋いでいる大きなスピーカーを見て、これとあれを変えればかなりすっきりするなぁと。かなり欲しくなってきました。

【Search:調べる】
早速ネットで調査を開始。色々調べてみると、M2よりMicro Music Monitor (M3)の方が音がいいみたい。でも、M3は49,800円。ちょっと高い。そもそも、M2も39,800円とちと高め。もっと調べてみると、ONKYOのGX-100HDiconの評価が高い。価格も、29,800円とまあ手頃。音もM2よりGX-100HDの方がよいみたい。でも、ちょっと躯体が大きめ。デザイン的にももうひとつ。う〜ん。

【Stray:迷う】
どれも決定打がない。かなり迷ってきました。
M2:音はまあまあ。デザイン良し。ちょっと値段高め。
M3:音良し。デザイン良し。かなり値段高め。
GX-100HD:音良し。デザインもう一歩。手頃な値段。

【Abandon:断念する】
結局、GX-100HDを購入しようと決め、購入寸前まで進んだところで、『(デザイン的に)もう少しMacに似合うやつにしたら?』というウチの奥さんの一声で、購入を断念。悩んでいたところをズバリ突かれました。

【Share:情報を共有する】
いままさに、情報を共有中ですw

ということで、わたしの未購入意思決定モデルは「AISSAS」。アイサスならぬ、アイサッスでしたw
(実際の生活の場面では、意外とアイサッスのひとも多そうですよね。)

M2 コンピューターミュージックモニターマイクロミュージックモニター
オンキヨー公式ショッピングサイト e-onkyo

2008.05.26

会社のMac miniには、BootcampパーティションにWindowsXPをインストールしています。
たま〜に、IE7でブラウザ確認したいときなどに、Windowsで立ち上げ直していますが、やはり少々面倒なこともあり、試しにVMware Fusionの体験版をインストールしてみました。
(会社のメインマシンはWindows2000なので、IE7が入らないのですw)

vmwarefusion.pngVMware Fusioniconは、Intel Mac上でWindowsを同時実行できるPC仮想化ソフトです。VMware Fusion体験版をインストール後、BootcampパーティションのWindowsを起動して、VMware toolsをインストールすれば準備完了!
今回はついでに、WindowsXPをSP3にアップグレードしておきました。(特に問題はありませんが、特によくなったってこともない気がします・・・。)

使用感としては・・、会社のMac miniが非力(1.5GHz Intel Core Solo/メモリ1G)なせいか、若干カクカクする場面がありますが、概ね問題なし。それよりも、MacOS上で普通にIE7のウィンドウが立ち上がり、DockにちゃんとIE7のアイコンが出ていることに、思わず「おぉ!」と感動してしまいました。

若干、メニューとか設定とかが分かりにくかったりしますが、こんなスゴイことができて1万円ちょい、というは安いんだろうなと。あとは、会社の人にこの感動を伝えて、VMware Fusion正式版を買ってもらうだけですw(たぶん伝わらないだろうなぁ〜)
categories:apple | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.05.23

今日のトウキョウはなかなかに暑い。

今日は私服で出勤OKの日なのですが、あえて長袖のシャツを選びました。
半袖の人もチラホラいるので、別に半袖にしちゃっても良かったのですが、そこはあえて長袖。
半袖にしちゃうと、「これからまだまだ暑くなるというのに、ここで切り札(もうこれ以上薄着できない状態)を切っていいのか?」と不安になったりしますw。あとがなくなる、というか・・。

要は、わたしの私服のバリエーションが少なく、春に着る長袖モノからさらに薄着しようと思うと、一気に真夏にも着るような半袖モノになってしまう、というのが問題なんですね。

調べずに言うのもなんですが、春夏秋冬よりももっと細かいメッシュでの"着こなし"について、誰か提案してくれないかなと。

#身近なファッションといえば、ユニクロ。ユニクロの半袖モノといったら、UT。ということで・・

2008.05.22

そうだと思いこんで疑いもしなかったことが、実は違っていた、ということってありませんか?

最近、「切れてるチーズの1片が、実はさらに4つに割れることに気付いた」みたいなことがありました。
Macの音量は1/4刻みで調節可能!それは、Macの音量が実は1/4刻みで調節できるということを最近知ったのです。いままでずっと、音量はあの"白い四角"のひとつが1目盛りで、それが増えたり減ったりするだけだと思いこんでいたのですが、実は、あの"白い四角"がさらに4つに割れて、細かい音量調節ができるというのです。
いままで、"白い四角"の単位は、[0][1][2]・・・だと思っていたのが、実は[0][0.25][0.5][0.75][1][1.25][1.5][1.75][2]・・・とより細かいメッシュだったわけです。これには気がつきませんでした・・・。

何でも当たり前だと思わずに、まず疑ってみること。それが発想力強化には大切なんだと。OTOSHIMA BLOGの記事を読みつつ、思ったわけです。

#Macの音量を1/4刻みで調整するには、Option+Shiftを押したままファンクションボタンの音量調節でできます。ご活用くださいw
categories:apple | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.05.21

HP 2133 Mini-Note PC以前ブログに書きましたヒューレット・パッカード(HP)のミニノートが日本で発売になるようです。
HP 2133 Mini-Note PC」と名付けられたミニノートのサイズは、約25.5cm x 16.6cm x 2.7cm(幅 x 奥行き x 高さ)。30cm定規より少し短いくらいの横幅ですね。そして、重さは約1.27kg。小さい割にはちょっと重めかと。
その他の主なスペックは下記のようになっていて、価格は¥59,850(税込)より。6月上旬販売開始予定となっています。

<スタンダードモデルのスペック>
OS:Windows Vista Home Basic
プロセッサ:VIA C7R-M ULV プロセッサ (1.2 GHz)
メモリ:1GB(最大2GB)
ハードドライブ:120GB
無線LAN:802.11b/g
ディスプレイ:1,280×768/最大1,677万色

まずは、ASUSの「Eee PC」との闘いになりそうですが、見た目もスペックもこのミニノートの方が良いですね。圧倒的に。
会社で買ってくれないかなー。(←自分で買う気無しw)

2008.05.20

Macは気が利いているなーとは常々思っていましたが、最近になってやっと気が付いたMacの"気づかい"を2つ。

OSX圧縮1つめは常識レベルの話だと思うので、書くのも恥ずかしいくらいですが、ファイルの圧縮についてです。
家のiMacでファイルを圧縮してメールで送ろうと思ったのですが、そういえば圧縮ソフトが入っていなかったなと思い、ネットでフリーのやつを探すことに。でも、よく考えてみると、ファイルを選んで右クリックすればそこに「圧縮メニュー」があるではないかと。
なんとなくその存在は認識していたけど、全く使っていませんでしたw。どうしてもlzhで!といったことがなければ、これで充分なんだなと。

そして、もう1つは色情報の取得について。
以前、FireworksMXでデザインをしていたときは、カラースポイトを使ってFireworksで作っているものだけでなく、Webブラウザの画面からでも色情報を取得することができたのですが、Photoshopに変えてからはそれができないようになりました。ブログのデザインを変えるときなど、やっぱりブラウザから色を抜けた方が便利です。逐一キャプチャ取って、それをPhotoshopで開いて、色抜いて、なんてとても面倒です。
そんなわけで、画面上から色情報をゲットできるアプリを探すことにしたのですが、なかなか適当なものが無く。ところが、また最近になって改めて調べてみたら、なんとMacのユーティリティフォルダ内に、「DigitalColor Meter」というアプリがあり、それで色情報の取得ができるとのこと。早速使ってみましたが、「そう、これこれ!」って感じでしたw

「Macには必要なものはだいたい揃っていて、すぐに好きなことがはじめられる」と言われますが、まさにそうなんだなと実感した次第です。
デジタルカラーメーター
categories:apple | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.05.19

ご自分のサイトやブログをお持ちの方へ。
GoogleウェブマスターツールのYahoo!版「Yahoo!検索 サイトエクスプローラー」が登場したとのことです。
「Yahoo!検索 サイトエクスプローラー」の登録方法や使い方などはGIGAZINEの記事で詳しく書かれています。

日頃からこのブログ(_ysk blog)は、Yahoo!検索にはちょっと弱いなと思っていましたので、早速登録して使ってみました。登録の仕方や使い方はGoogleのウェブマスターツールとほぼ同じだなと。
Seesaaブログの場合、認証用のファイルをアップロードできませんので、認証用のタグをトップページのタグの前に追加して、再構築。1日おいて管理画面を見てみたら、ちゃんと認証済みになっていました。
そして認証と同時に、フィードURLを指定。RSSのURLと、念のためsitemap.xmlのURLの2つを送信してみました。(でも、2日経っても、まだステータスは両方とも「処理中」のままです。いったいいつになったら・・・??)

これであとはやること無し。Yahoo!検索のクローラーがしっかり巡回してくれるのを待つのみです。
Yahoo!検索 サイトエクスプローラー

昨年9月の調査によると、日本の検索シェアにおいてはYahoo!が47.4%とダントツトップ。Googleの追い上げが予想されるものの、まだまだ日本ではYahoo!が強いですね。わたしは日頃からGoogleばかり使っている関係で、SEOとかを考えるにしても、Yahoo!検索にはあまり気持ちが向かないのですが、そんなんじゃ片手落ちだと反省。このサイトエクスプローラーに期待しますw

2008.05.16

トランセンドのSDHCカード「TS4GSDHC6(4GB/class6)」icon購入を検討しているデジタル一眼レフカメラ「Eos Kiss X2」用にと、トランセンドのSDHCカード「TS4GSDHC6icon(4GB/class6)」を買っちゃいました。まだカメラ本体を買っていないにも関わらずですw

なぜ買ったかと言えば、安かったから。4GBが2千円ちょっとで買えるってホント安いですよね。スピードとしては、ほかの高級品より少々劣るとの情報もありますが、まあそんなに連写をガンガンするとも思えないし、失敗した!と思っても許容範囲内の金額だから、そこらへんは割り切って。

ところで、これを買ったお店からのメールに、「購入後1週間のうちに発生した不具合は初期不良として現品交換します。」と書かれていたのですが、家の中を見まわしても、SDHCカードが使える機器が全くなく、初期不良の確認ができずでしたw

#ビックカメラとかに行って、実機に挿さしてもらえばいいのかな?今週末ちょっと行ってみます。

2008.05.15

チーム・バチスタの栄光海堂尊氏のデビュー作『チーム・バチスタの栄光』を読み終えました。
ストーリーを振り返って単純化してみると、とくに驚きの連続!というストーリー展開ではありませんでしたが、病院の中で繰り広げられる人間対人間のやりとりがとても臨場感があって、人間ドラマとしての面白みがあります。
とりわけ登場人物のキャラクターが非常に立っていて、神経内科の田口、天才外科医の桐生、厚生労働省の白鳥、などなど、読了後でも読み返さずに名前がどんどん出てくる作品というのも珍しいのではないでしょうか。映画化されたのもうなずける感じです。

ところで、昔から"天才外科医もの"ってなぜか惹かれますよね。ドラマでは「白い巨塔」や「医龍」であったり、漫画でも「ブラックジャック」や「スーパードクターK(←懐かしいw)」、あと、最近テレビのドキュメンタリー番組でも「日本の名医」とかいった特集がよく組まれていて、ついつい見てしまいます。
"天才○○"と言われる職種は数あれど、"命を救う仕事"にはやはり特別な憧憬を抱くものなんでしょうかね。

#この本を読んでいる途中、「厚生労働省の白鳥」が『イン・ザ・プール』『空中ブランコ』の伊良部一郎に思えて仕方ありませんでした。まだ両方読まれていない方は、ぜひ伊良部と白鳥を比べてみてくださいw
categories:books | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.05.14

Safariでマウスジェスチャーが使えるようになるフリーウェア「SafariGestures」を愛用中ですが、またまたSafariGestures提供元のサイト「griffin-stewieの日記」で「SafariTabConfig」なる大変便利なSafariプラグインを発見!

「SafariTabConfig」でなにができるのかと言えば、Safariで『アドレス入力、検索、ブックマーク、履歴を新規タブで開く』ことができるのです。これこそわたしが待ち望んでいた機能です!(SafariGesturesの時もそんなこと言ったかも知れませんがw)

SafariTabConfig設定画面

他にも機能としては付いていますが、とにかく新規タブで開いてくれるのがありがたいです。これで逐一コマンドキーを押して開く必要もなくなり、とっても快適です。

「SafariGestures」とこの「SafariTabConfig」があれば、もう他にいうことなしですw

#早速、会社のMac miniと、家のiMacにも入れました。griffin-stewieさん、canberlandさん、またまたありがとうございました!
categories:apple | Comment(2) | TrackBack(0)

2008.05.13

こんなことやってていいの、というニュース
NTTドコモはiモードのポータルサイト「iメニュー」において、公式サイトの表示順位決定方式を変更する。これまでは利用者数順に並べていたが、6月からは入札額の高い順に表示する。
imenuメニューが利用者数順に並んでいるというのは、「一番使われているサイトが一番アクセスしやすい」という誠に合理的な法則に基づいている。一方、入札額の高い順に並んでいるというのは、iモードユーザーにとっては全くと言っていいほど関係のない(メリットのない)話であり、見たいサイトが多くのお金を入札してる保証はない。

そして、サイト運営者にとっても、メリットがないのは同じだ。今まで払わなくてよかったお金を払わなくてはいけない可能性もあるし、いままでメニューの順位をあげるためにアクセスアップにかけた努力はどうなっちゃうの?という思いもあるだろう。(もちろん、どうがんばっても利用者数を伸ばせないサイトが、お金さえあれば上位に食い込めるというメリットはあるとは思う。)

この施策で一番メリットがあるのは、もちろんNTTドコモ。
NTTドコモは今回の施策について、こう説明している。
今回の施策について、ドコモでは「利用者数では順位の変動があまりなく、入札制を導入することで活性化を図るのが目的」と説明している。
う〜ん、苦しい。本当にメニューを活性化したいのであれば、もっと別の、もっとよい方法があったような気がする・・・。

なお、カテゴリ内の全サイトを表示した場合は、従来通り利用者数順に表示されるとのことで、このあたりを妥協することで、iモードユーザーに対して、サイト運営者に対して、落としどころを見つけた格好となっているが、いずれにせよ、このような殿様商売ではなく、もっとユーザーのことを考えた施策に頭を絞ってほしいものだ。

2008.05.12

昨日は、母の日。
母の日のプレゼントを買いがてら、子供と2人、丸の内あたりを散策しました。(私の母ではなく、子供から奥さん(母)へのプレゼント。でも、お金はわたし持ちw)

その散策の途中に、一瞬「おっ!」と圧倒される建築中の建物を発見。あとでこの建物の名前が「丸の内パークタワー」であることを知りました。最近の高層ビルにありがちな画一的でガラスを多用した長方形のハコではなく、多面的かつ赤い御影石のようなものを使ったデザインにグッときました。
工事の看板を見ると、34階建てになるようです。(それほど高くないですね。)
まだ完成型でどう変わるかわかりませんが、ほど近くにあるグラントウキョウに比べると高さでは負けますが、"見る者を圧倒する力"では圧勝のような気がします。今後が楽しみです。

丸の内パークタワー

#で、そのあと、Francfrancの丸の内店に行って、プレゼントにバスグッズを買って帰りました。Francfrancの丸の内店は、来店者も少なめでゆっくり見られるし、店の雰囲気や音楽なんかもよいので、なかなか気に入っています。店舗は地下一階にあり、地下へ降りる階段が分りづらく、ちょっとした隠れ家っぽくなっています。(最初行ったときはかなり迷いましたw)

2008.05.10

しっとりと雨の降る土曜日の午前中、急にウチの子供(5歳)が「あのおじさんみたいに"はらぺこあおむし"をつくりたい!」と言い出しました。
そう、先日行ったエリック・カール展で見たあの映像をウチの子も覚えていて、それをやってみたいというのです。やっぱり、あの独特の創作活動はウチの子にとってもインパクトあったんだなぁと。

もちろん我が家はエリック家ではありませんのでw、同じような道具もなく、代わりに白紙と色紙とハサミと糊と鉛筆を用意して、いざ"はらぺこあおむし"の制作をスタート。
下書きは"つたない"タッチで私がおこない、切り抜きと貼付けはウチの子が担当。あおむしは”節”が多いので、切っては貼り、切っては貼りの繰り返しで、結構手間がかかります。完成してふと気づくと昼をとっくに過ぎていました。(飽きっぽいウチの子がよくぶっ通しでやったなと。)

そして、完成品がこれ。出来はともかく、ウチの子もとにかく満足げで、さっそく家に飾っていました。("はらぺこあおむし"のお話では、あおむしが最後にきれいな蝶になるのですが、ウチの子は早くも「明日は蝶を作るぞ。」とおっしゃっておりますw)

はらぺこあおむし

#大人になると、"紙とハサミと糊で何かを作る"なんてことはしなくなりますが、たまにやってみるとそれはそれで楽しく、出来たあとの満足度も高いので結構オススメです。

2008.05.09

ミッフィー信号昨日の会社帰りに、歩行者用信号を見ながら想い出したことがありました。
それは、GW中に行ったエリック・カール展の帰り際に寄り道した「ミッフィー展 (at三越)」にて写真が展示されていた"ミッフィー信号"のことです。

このミッフィー信号はオランダのちょっとした名物のようで、この赤く光るミッフィーは一度見たら忘れなさそうなくらい印象的です。(もちろん、青信号は、緑に光るミッフィーですw)
たぶん、いつも同じだと思っていたものがいつもと違っていると、その違和感により見る者に強い印象を与えるんではないかと。しかも、信号って必ず見るものだし、赤信号だと「はやく変わらないかぁ」と何度も見たりするので、注目度も高いですよね。

そういう意味では、ミッフィーを違うモノにすれば、広告媒体にもなりそうだなぁと。
コカ・コーラ信号

#コカ・コーラの画像は、パワポでちょこちょとっと作りました。手抜きですいませんw

2008.05.08

今回は、GW中にiMiネットが実施した「ブログパーツに関する調査」の結果を元に少し考えてみます。

ブログパーツを制作しようと思った場合、「(1)ブロガー自身が便利/楽しいブログパーツ」「(2)ブログ訪問者が便利/楽しいブログパーツ」「(3)だれもが便利/楽しいブログパーツ」のうち、どの方向性に振るかをまず考える必要がありそうです。もちろん、(3)に振ることができればそれに越したことはないのですが、(3)に大きく振るには、それなりのアイデアや技術力などが必要なため(ハードルが高いため)、大きく振り切れずに中途半端なモノに終わってしまうケースも想定されます。だとすれば、(1)や(2)に目標を絞って、大きく振ってあげた方がより効果があがったりするかも知れません。

そんなことを考えつつ、今回の調査結果を見てみると、やはりブログパーツは「自分が便利・楽しい」といった"自分用"なんだなと思わされます。"あなたがブログパーツを貼り付ける理由"の回答結果を見てみても、「アクセサリー感覚」であったり、「収入源」であったり、自己の欲求を満たす動機が上位を占めています。(「面白そう」「便利そう」という意見も上位にありますが、そもそもひとのブログに行って、ブログパーツのニュースを読んだり、ゲームをしたり、ってあまりしませんよね。そこはやはり"自分用"なのかと。)

ということは、これからブログパーツを制作しようと思った場合、この調査結果からもニーズが感じられる"自分用"のブログパーツを作るというのが簡単な結論になりそうですが、ニーズを掘り起こして一発当てるという意味では"他人用"のブログパーツをつくるという選択肢もアリかと思います。もちろん、"自分・他人兼用"に挑戦するという手もありますね。(結局、結論出ずw)

2008.05.07

前回、この_ysk blogのサイトデザインをリニューアルしたのが、3月25日のこと。それから2ヵ月も経たずに、またデザインリニューアルしてしまいましたw。その訳はというと・・。
・デザインやCSSをもう少し極めたいなと。
・シックな大人っぽいデザインにしてみたかった!
・それに、GWで時間があったしw

そのリニューアルの過程で、1点、かなり「あーでもない」「こーでもない」と悩んだ点があったので、メモしておきます。
それは、エントリタイトルの左にある「四角いアイコン」とその右の「タイトル文字」の縦位置が、どうしてもWindows系のブラウザとMacintosh系のブラウザとでずれてしまうということです。具体的には、MacのSafariとFirefoxで「アイコン」と「文字」の位置を合わせると、WinのIEとFirefoxで見たときに、「文字」の方がかなり上にずれてしまうのです。

「四角いアイコン」と「タイトル文字」そこで、タイトル要素にボーダーラインを入れて確認してみたところ、Winではエントリタイトル全体を囲うdivの上ラインに隙間なく「文字」がくっついているのに対し、Macではdivの上ラインと「文字」との間に2〜3pxの隙間が空いているのがわかりました。そして、その隙間がどうしても排除できなかったのです。

いろいろな属性を入れまくって様々なパターンを試してみた結果、もしかして「line-height」が問題?と思い、line-heightを指定してみたら、すんなりうまくいきました。(右上の画像は、上がMacのSafariで、下がWinのIE6です。)
どうも、別の親要素で指定していたline-height属性が「タイトル文字」にも影響を及ぼしていたようで、それに気付くまでに正味2時間くらいかかってしまいましたw

昨日は、ひさびさにマルチブラウザ対応に悩まされたGW最終日でした。
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。