トップページへ

2009.01.30

東京・銀座の歌舞伎座。
建物の老朽化により、すでに建て替えが決まっていて、2010年10月に着工、2013月に完成を目指しているとのこと。
このニュースを聞いてから、建て替え前に一度は写真に残しておきたいなと思っていましたが、先日そのチャンスがありました。

この歌舞伎座をはじめて目の当たりにしたときは、都会の乾眺から突如として現れた歴史的な建物に、思わず「おぉ。」と声をあげた記憶があります。
その驚きは対面を繰り返しても比較的薄れることなく、見るたびにその佇まいに驚かされてきました。

なので、今回の建て替えの話はとても残念なのですが、老朽化ということであれば仕方ありません。ただ、その「驚き」をなくすことなく生まれ変わってほしいと期待するのみです。

#歌舞伎座を見るなら、夕刻がおすすめです。薄暗くなりかけた頃、ライトの光で浮かび上がった歌舞伎座は、驚きもひとしおです。

東京・銀座の歌舞伎座
Eos Kiss X2 + EF35mm F2 × Photoshop CS4

フリーフォント「Fontin」を使いました。Small Capsもあるし結構気に入りました。
フリーフォント「Fontin」をダウンロードする
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2009.01.29

マイティマウスiMacに標準で付属するマウス「マイティマウス」。
しばらく使用するとローラーにゴミが溜まって、スクロールしづらくなるのは周知の事実で、ウチのマイティマウスも然り。
ゴミを取り除くには、ローラーに両面テープを貼ってコロコロ、なんて小技もWeb上で紹介されていますが、それでは対処療法にすぎない気が・・。ここは一気に分解・清掃に踏み切りました。

分解・清掃をやるにあたり、一番参考になったのはこの記事。
簡単だったよマイティマウスの分解掃除
一番最初の工程「ボトムパーツを剥がす」ところが一番難しかったのですが、あとは手順通りにやれば簡単に分解・清掃することができました。(かなりゴミが巻き付いていて、これは分解しないと取れないなと感じました。)

で、この分解・清掃で一番問題となるのが、接着剤でくっついていたボトムパーツを無理矢理剥がすので、そのボトムパーツを最後にどうやって元通りにするか、という点。
先程の記事では、ボトムパーツは付けていない、と書かれていましたが、それだとどうにもUSBの線の落ち着きが悪く、線が引っかかってしまいよろしくありません。
そのほかのブログ記事などには、医療用テープでくっつけるなどの手も紹介されていましたが、それもいまいち・・。

・再度ボトムパーツを容易に外せること
・見た目が悪くならないこと
を前提に考え、最終的に、以下の方法を採用しました。

両面テープを用意し、それを細長く切って、ボトムパーツの爪(4箇所)に被せるように両面テープを貼る。この時ちょっと手で押さえて、気持ち粘着力を弱まらせる。あとは、本体とドッキング。

これでちゃんと固定されたようです。再度、分解・清掃するときでも、ナイフで少し力を入れれば簡単に剥がれるはずです。(たぶんw)

分解・清掃後のマイティマウスは快調そのもの。「こんな滑らかだったっけ?」と使い始めの頃のイメージを取り戻しました次第です。
categories:apple | Comment(0) | TrackBack(0)

2009.01.28

たまに銀座8丁目から銀座1町目に向かって、中央通りを散歩することがあります。

8丁目から1丁目にかけて、中央通りは真っすぐに伸びているため、1丁目を目指して歩いていくと、空がちょうど「V」の字のように建物の間から顔を出します。

青空のひろがった天気の良い日に見られる青のV。空が赤く染まる夕焼け時に見られる赤いV。
特に空気の透き通った寒い季節は、それらがとりわけ綺麗に感じられます。

銀座のV
Eos Kiss X2 + EF35mm F2 × Photoshop CS4
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2009.01.27

FELISSIMO 500色の色えんぴつ500色の色えんぴつが発売されるとのこと。

FELISSIMO 500色の色えんぴつ

1992年に一度発売されていて、それの復刻版のようです。そういうニーズがあるということですね。
いま家で(子供が)使っている色えんぴつセットは24色だから、それの約20セット分。24色でもすべての色を使い切ってないようなので、500色なんて到底使い切れないし、色を選ぶために500本の鉛筆を拡げておけるようなスペースもありません。
それを分っていても、なんか欲しくなるのは、やはり実用というよりコレクション的なアイテムだからでしょうか。
それと、それぞれの色に何という名前が付いているのかも非常に気になりますね。

現在、先行予約中で、36,000円が30,000円の特別価格。いつでも、どこにでも売っている物ではないので、欲しい人にとっては安いのかも知れません。

2009.01.26

今日は目黒雅叙園ではじめて会う方々とミーティング。
"はじめて"はあまり得意な方ではありませんが、こちらにも味方が1人いたこともあり、始終なごやかな雰囲気で有意義な時間を過ごすことができました。
(しかし、男性だと思っていた人が、会ってみたら女性だったっていうのはちょっと驚きますねw)

そのなごやかムードをさらに後押ししていたのが、目黒雅叙園の壮麗な雰囲気。滝があったり、鯉が泳いでいたり、藁葺きの日本家屋みたいな食事処があったり、水の上に豪華な着物が飾ってあったり。
日常から少し離れて、気分的にもリラックスできた感じがします。ちょっとした「転地効果」しょうか。
目黒雅叙園
SH-01A

2009.01.23

Design Walkerさんがオバマデザインについてまとめています。
オバマ大統領就任 米国政府ウェブサイトもCHANGE! オバマデザインまとめ
その中で気になったのが、これ。
Obamicon.Me - Create Your Obamicon
あの有名なオバマポスターが簡単に作れるジェネレータです。自分の写真をアップすると、オバマポスター風に加工してくれるツール。
ちょっと使ってみようと思い、iPhotoで元素材を探していましたが、人の顔を出すのは・・・だったので、先日ディズニーランドの「ミートミッキー」で撮ったミッキーマウスさんに登場してもらうことにしましたw

サイトの説明を見ると、「背景は透過がよい」とのことでしたので、Photoshop CS4で背景を切り抜いてから、画像をサイトにアップ。
画像の移動や拡大・縮小ができたり、色もスライダで割合を選べたりで、なかなか良くできています。
そして、完成したのがこれ。

オバマミッキー

下に好きな文字も入れられます。
Webで公開しないまでも、内々で人の顔写真が必要な場合などに使えそうです。(例えば、社内イントラで社員紹介する場面とか?)

#そういえば、Photoshop CS4ではフィルタの「抽出」メニューがありません。使いどころによっては非常に便利なんですが、なぜか消えています。調べてみたところ、「抽出」プラグインをAdobeのサイトからダウンロードできるとのことで、早速ダウンロードして無事使えるようになりました。でも、今回は普通にペンツールで抜いたんですけどねw

オプションのプラグイン、機能拡張、プリセットに関する情報(Photoshop CS4/Photoshop CS4 Extended)

2009.01.22

YDP-140.png電子ピアノを購入しました。久々に「もう少し下げられない?」なんて値引き交渉してしまいました。
購入したのはYAMAHA アリウス YDP-140。かなりな入門機種です。

はじめ、どうせ買うならと15万前後のものをいろいろと物色していましたが、「この部分はこっちがいいけど、この部分はあっちがいい」なんてやっているうちに、とりあえず最初は安いやつでいいんじゃないの?という結論に落ち着き、晴れて入門機の購入となったわけです。

まだ手元には届いておらず、今週末に来る予定ですが、とりあえずリビングに設置場所だけは確保しました。電子ピアノはモノとしてはかなり大きく、リビングがかなり手狭になってしまうわけですが、「リビングにあるピアノのまわりに人が集まる感じ」って何か理想の家庭っぽくて何かよいかなーなんてw

#もちろん、電子ピアノは子供のために買いました。でも、私も練習して1曲くらいは弾けるようになりたいなと。

2009.01.21

ひさびさにCS4レビューを。
Photoshop CS4では、覆い焼き、焼き込み、スポンジツールが進化したとのことで、早速使ってみました。

新機能紹介ページにはこう書かれています。
Photoshop CS4で新しく改良された覆い焼き、焼き込み、スポンジツールは、適用範囲とその境界の輝度や彩度を自動的に計算し、周辺との色調を乱すことなく部分補正を適用することができます。もう細かいマウス操作に多くの時間を費やす必要はなく、わずかな時間でより自然な仕上がりを実現することができます。
いままでこれらのツールはほとんど使ったこと無かったので、まずは、何をするためのツールであるか、というところから調べてみました。それぞれのツールについて簡単にいうと、
覆い焼きツール⇒ドラッグしたところを明るくするツール
焼き込みツール⇒ドラッグしたところを暗くするツール
スポンジツール⇒ドラッグしたところの彩度を高くするツール
ということのようです。

写真補正で活躍しそうなのは、やはり覆い焼きツールでしょうか。逆光で暗めに写った顔なんかを明るくするのに活躍しそうです。
というわけで、「顔」ではなく、「城」で覆い焼きツールを使ってみました。

シンデレラ城と空の境界線を気にすることなく、ガシガシ城をドラッグすると、城だけが明るくなりました。確かに、選択範囲をとったりなどの手間無く、手軽に補正ができるようです。
CS2でほとんど使っていませんでしたので、すごい良くなったかどうかはわかりませんが、ツールの機能としては「これは便利」と言えるんじゃないでしょうか。

進化した覆い焼き、焼き込み、スポンジツール
Eos Kiss X2 + EF35mm F2 × Photoshop CS4

2009.01.20

音波振動ハブラシ「ドルツ」3〜4年くらい前から、音波振動ハブラシ「ドルツ」を愛用しています。
先日とある電器店に行った際に、ナショナルブランド一掃セールをやっていて、ドルツの最新モデルがとても安く売っていました。ブランドがパナソニックに統一されるにあたり、ナショナルと名前の入ったものを安く売っているとのこと。パッケージやラベルが古いだけで、中身に違いはないということで、思わず衝動買いしてしまいました。(型番はEW1044。パナソニックブランドはおしりに「P」が付いて、EW1044Pとなるようです。)

いまさら説明書を読む必要もないのですが、念のため説明書をめくってみると、「歯を4つのエリアに分けて、30秒ずつ磨きましょう」との教えが書かれていました。
いままで私は、歯の上面を全て磨いた後に、歯の外側面を全部磨いて、最後に歯の内側面を全て磨くやり方をしていました。でも、おすすめは、上の歯の右エリアを全て磨いて、次は左エリア、そして、下の歯の右エリア、最後に左エリアと磨いていくやり方です。
実際これを試してみると、より磨きが丁寧になって、結果的にツルツル度が増した気がしています。(ドルツは30秒ごとに合図してくれますので、とてもやりやすいです。)

この変化を工場に例えてみると、今までは昔ながらの「流れ作業」。上面担当、外側面担当、内側面担当、それぞれがひとつの工程をこなしていきます。一方、新しいやり方はいわば「セル生産方式」。1つのエリア担当者が、上面・外側面・内側面すべての工程を担当し、ひとつの商品を仕上げていきます。
流れ作業、セル生産方式、それぞれに長所・短所があるようですが、私の中では、「口の中で産業革命が起きた」とでもしておきますw

#音波振動ハブラシはかなりおすすめです。"一度使うと戻れない度"がかなり高いです。ウチの古いドルツもまだ現役ですので、奥さんの実家に送って帰省時に使おうかと考えています。

2009.01.19

「くまのがっこう絵本原画展」のチケットをもらいましたので、買い物帰りに見に行ってきました。(本日最終日!)
くまのがっこうは、くまのジャッキーが主人公のシリーズ絵本です。

原画展というだけあって、原画がとにかくたくさん展示されていて、その線さばき・色のセンスには感動しきりでした。
そして、原画以外にも展示物があったのですが、その中でも特に感心させられたのが、絵本の「ラフ案」。鉛筆書きの絵本のコンテが展示されていたのですが、コンテにはところどころに「野球のキャッチャーがボールに飛びつく感じで」「ここにネコをおく」などといったコメントが書かれていて、作者のこだわりや考えが垣間見られました。

何気なく見てる絵本の絵にも、作者の想いが込められているだなと改めて知ることで、絵本の絵を見る見方もちょっと変わってきそうな気がしました。

くまのがっこう絵本原画展
SH-01A × Photoshop CS4

2009.01.16

ここ最近、紫色に凝っています。このブログの色も紫色ですw

今日、年末のバーゲンで買った紫色のセーターを着て会社に行ったら、似たような紫色のセーターを着ている人、紫色のシャツをインナーで着ている人、紫色のマフラー巻いている人、などなど紫系の人たちが結構たくさんいて、「紫ブーム?」なんて話になりました。

実際のところ、紫色は世の中でもブームなのでしょうか?

#関係ありませんが、そこらじゅうで着ている人がたくさんいるのに"ブーム"とは言われない「白」や「黒」って、ちょっとかわいそうな気がしてきました・・。

2009.01.15

こんな企画をやっているようです。

YOMIURI ONLINE、「平成百景」を選出する読者投票を開始
「平成百景」は、平成以降に誕生した景色や不変の魅力を持つ風景などを候補とし、読者投票および選考委員の審査を通じて、新たな日本の景観100カ所を選定するというもの。風景写真家の竹内敏信氏が監修した全国300カ所の景色が候補としてリストアップされている。
ということで、早速平成百景のページへ。
北海道から順にページをめくってみると、新しめな名所もちゃんと網羅されていて、「次」「次」と見たくなります。各写真にはコメントも添えられているので、それらを見ていくだけでも、ちょっとした旅行気分になりますね。

個人的に気になったのは、

鴨川の納涼床
「納涼床」っていうのは以前聞いたことがあって、なんか風情がありそうなんて思っていたのですが、こんな感じですか・・。

銀山温泉
こういう温泉地かなりいいですねー。調べてみたくなりました。

屏風(びょうぶ)ヶ浦

千葉にこんなところがあったのか・・、という感じです。

などなど。旅の写真はやっぱりいいですね。

2009.01.14

Webサイトでの矢印ナビゲーションを考えてみる。

ページを進む場合や戻る場合といった基本的な動作については、ブラウザでの操作感と同様に、右向き矢印で"進む"、左向き矢印で"戻る"、というのは説明されなくても直感的にわかります。
では、上向き矢印はどうかといえば、個人的には、アンカーリンクで"ページの頭に戻る"という動きを想像します。でも、場合によっては、上向き矢印は"Webサイトのトップページに戻る"という動きを想像する人もいるかもしれません。

で、昨日、このブログの各エントリページに"トップページに戻る"リンクを付けようかなと思い立ち、「さて、"トップページに戻る"に最適な矢印は?」と考えてみました。

トップにくるっと戻るで、最終的に選んだのが、右の画像。トップにくるっと戻るイメージです。一応「TOP」という文字を入れてみましたが、さて、矢印だけで"トップページに戻る"という動きが想像できるでしょうか?

#矢印はDesignWalkerさんの記事を参考にしました。まとめページはありがたいですねー。
矢印素材いろいろ

2009.01.13

Photoshop CS4の色調補正パネルはなかなか便利です。

色調補正パネルのウィンドウを出しておけば、トーンカーブ、レベル補正、色彩・彩度などの色調補正がそのウィンドウ内で編集することができます。逐一、色調補正のダイアログが開かれることがないので、とてもスマートで手軽な補正作業が可能です。
また、色彩・彩度などの一部の調整項目においては、画像上の色を選んで、そのままマウスで上下左右にドラッグすれば、補正がおこなえたりします。
下の写真は、色彩・彩度にて、空の青を選んで右にドラッグ、太陽のオレンジを選んで右にドラッグして補正をかけてみました。より直感的な操作性が好感触です。

個人的に惜しむらくは、色調補正パネルに「シャドウ・ハイライト」がないこと。シャドウ・ハイライトって結構使うので、これさえあれば・・・、という感じです。

lala0901.jpg
SH-01A

2009.01.09

Photoshop CS4 レビュー その2です。
今回は、CS4の新機能の目玉でもある「コンテンツに応じて拡大・縮小」を試してみました。

「コンテンツに応じて拡大・縮小」とは・・・
「コンテンツに応じて拡大・縮小」機能を使用すると、被写体など重要な部分を変化させずに保護し、背景のみのサイズを変更することができます。
ということで、以前軽井沢で撮ったこの写真でチャレンジ。
違いを明らかにするため、「編集→自由変形」メニューと「編集→コンテンツに応じて拡大・縮小」メニューの2つを比較してみました。
違いは明かですね。上の「自由変形」だと、人がびよーんと横に伸びてしまっていますが、下の「コンテンツに応じて拡大・縮小」だと、ちゃんとひとの縮尺が保たれています。なかなかすごい。

このほかの写真でもこの機能を試してみましたが、意図しないところがびよーんと伸びたりなど、クセを掴まないと活用するのは難しそう。
・・なんて思っていましたが、こんな記述を発見。
保護範囲はPhotoshop CS4が自動的に検出しますが、自分で選択して自由に指定することもできます。選択ツールで選択した範囲をアルファチャンネルとして保存しておけば、それを保護範囲として活用することもできます。
なるほど。そいういうワザがあるんですね。。

ちょっと使いどころが難しい機能だけど、うまく使えばおもしろい写真ができそうなので、もう少し試してみたいと思います。(つづく。たぶん。)

Photoshop CS4 (コンテンツに応じて拡大・縮小)
Eos Kiss X2 + EF35mm F2

2009.01.08

昨日、家のiMacのPhotoshop CS2をPhotoshop CS4にアップグレードしました。amazon.co.jpで購入。23,562円でした。
アップグレード自体は、30分くらいで終了。CS2を残したまま、新規でCS4がインストールされているようでした。なので、CS2で使っていた「パターン」や「シェイプ」など、諸々の環境は引き継がれませんでした。また一からやらなきゃね、と。

とりあえず、いつもやっているような作業をしてみた感想としては、おおきく以下3点。

■スピードが速い
・起動速度がとにかく速い。体感で3〜4倍は速い。
・ファイルを開くのもとにかく早い。ぱっと開きます。
・CS2では、ブラウザ上で画像をコピーして、貼り付けようとすると、かなり風車がまわっていたのが、なくなりました。
・同じくCS2では「露光量」を変更するとプログレスバーが出ていましたが、一瞬風車が出るだけになりました。

■なめらか綺麗
・どの縮小率でも画像がガビガビにならないのがよい。なめらか。
・スペースキーを押しての画像の移動がすーっと動いて気持ちいい。

■RAW対応
・Cemera RAWの最新版がつかるようになった。CS2で開けなかったKiss X2のRAWが開けます!

ファーストインプレッションでの結論。CS2との比較では、アップグレードの価値有りと言えます。でも、CS3からアップグレードしたほうがよいかどうかは・・・分りませんw

まだまだ使い切れていませんが、これから新機能を中心に、いろいろ試してみたいと思います。(たぶん、つづく。)

photoshopcs4sp.png

2009.01.07

iLife '09が発売開始となりましたね。
うちのiLife'08が旧バージョンとなってしまいました。ちょっと寂しいですが、'08となっている以上、仕方ないですね。

「はたして'09にアップグレードしたくなる程の新機能があるのか?」ということで、アップルのサイトをのぞいてみました。
インターフェイスががっつり変わったなどの、大きな進化は見られないようですが、着実に進化しているようです。なかでも、「そういうニーズあるよねー」と思ったのが、iPhoto'09の「人々」機能。
写真に写っている人ごとに、写真をまとめられます。iPhotoが、顔検出により写真に写っている人の顔を識別し、顔認識によって似ている顔が写っている写真をまとめてくれます。あとは、写真に人の名前を追加するだけ。これで、どんなに大きなフォトライブラリでも、お目当ての相手の写真が簡単に見つかるようになります。
顔認識機能は最近よくカメラに採用されていて、ケータイのSH-01Aにも付いているくらい浸透しています。でも、撮った後の写真でも顔を認識してくれるというのは、なかなか新しいんじゃないでしょうか。

ウチは子供の写真がほとんどなので、子供の写真が異常に多くて、他の人がちょろちょろといった感じで、バランス悪くなりそうですが、しばらくたってからアルバムを見返したときに、「あっ、こんな人いたねー」ってな感じで盛り上がりそうです。

iPhoto'09

2009.01.06

プレミアムモルツのCMで、ビールだけに色が付いていて、それ以外の背景や人が白黒のCMがあったように思います。
そのような手法に何かしら名前が付いているのかなーと思い、Googleで調べてみることにしました。
検索ワードを何にしようかちょっと迷いつつ、「グレースケール 色を残す」で検索してみましたが、あまり期待する結果が出てきませんでした。
一旦あきらめて、次の日「モノクロ 色 残す」と検索ワードを変えてみたら、それに関する内容が結構出てきました。

結局、その手法に名前は付いていないようでしたが、やっぱりWebの世界は「検索力」が大事だなーと改めて。本当はWeb上に情報があるのに、調べ切れていない人が結構いるんだろうなーと。

#初詣の神社で撮った「たき火」です。ちょっと手抜きで、「色相・彩度」だけで色を抜きました。(黄色が残ってますw)

初詣の神社で撮った「たき火」
Eos Kiss X2 + EF35mm F2
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2009.01.05

真っ白いデジタル一眼レフ日本でも発売決定!」という記事。
今回発売されるには「PENTAX K-m white レンズキット」で、ホワイトのボディと標準レンズ「smc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6AL white」のセットになります。
で、こちらがHOYA株式会社のニュースリリース。

使いやすいエントリークラスのデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-m」 ─ホワイトカラーの限定モデルを新発売─

いま使っているEos Kiss X2 + EF35mm F2の見た目も"道具感"が高くて結構気に入っているのですが、この白いボディとレンズの組み合わせには、ちょっとグッときますね。
そもそもデジイチはそれでなくとも注目が集まるのに、この白いデジイチをカバンから取り出して構えた日には・・・。
amazon.co.jpで注文登録ができるようですので、目立つのが嫌いじゃない方はぜひw

PENTAX K-m white レンズキット

2009.01.02

実家近くの神社で初詣。
「大吉」で新年早々、幸先のよいスタートです。

#おみくじの"振り"が悪くて、前の人と同じ番号が出たので、くじを引っ込めて、よ〜く振ったら「大吉」が出ました。2009年は"一度やり直すとうまくいく"ということでしょうかw
ちなみに、「前の人」とはウチの奥さんのことで、「小吉」の番号でした。

大吉スタート
SH-01A
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。