トップページへ

2008.06.17

今日は午後からNET Marketing Forum Spring 2008に行ってきました。
夕方から別の場所で打ち合わせがありましたので、3セッションほどをサクッと聞いてきました。

まず、ユニクロの勝部健太郎さんの講演から。勝部さんとは同い年だなとw。
印象に残ったこととしては、「たとえ国内向けのコンテンツであっても、世界で通じるものを作れ」ということ。そうすることで、唯一無二のコンテンツが生まれるのだと。
これは今後の仕事の中でも意識したいなと思いました。
あと、UNIQLOCKUNIQLO JUMPの紹介を聞いていて思ったのが、やっぱり"人"が出てくるコンテンツっていいよねってこと。当たり前っちゃ当たり前ですが、改めて。
一般の人から楽しそうな写真を集めて、どうにかする、みたいな企画、考えようかなぁ。

続いては、ケイビーエムジェイの和田順児さんの講演。
印象に残ったこととしては、リコメンデーションをする際に、SearchとActionの2つの軸でおこなうとよい、ということ。つまり、ECサイトでとあるスーツを売る場合、「このスーツを見た人はこんなものも見ています」という検索(Search)過程に基づくリコメンドと、「このスーツを買った人は、こんなものも買っています」という購入(Action)結果に基づくリコメンド、この2つの軸でリコメンデーションするのが効果的だということです。前者の場合は、同じような別のスーツがリコメンドされ、後者の場合は、スーツに合うような靴であったり、ネクタイや鞄などがリコメンドされることが予想されます。(スーツを購入した人が、さらに別のスーツを買う、というのはあまり考えにくいので。)

最後は、リクルートの小林大三さんの講演。
印象に残ったこととしては、Trial & Errorの姿勢をウチも学びたいなということ。とにかく、何かをいじっては結果を検証し、いじっては検証し、ということを繰り返し、よりよい解を導きだす、ということをやられているみたいで、Web本来のそういった特徴を改めて意識させられました。
ちょこっと変えたら、大きく結果が変わった、ということは往々にしてありますからね。
明日からは私も、もっとトライしてみたいなとw。

UNIQLO MIXPLAY(これも紹介されてました)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100874285
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。