トップページへ

2008.06.19

r25先日行ったNET Marketing Forum Spring 2008で聞いたリクルート社の話を急に思い出したのですが、リクルート社では、ここ何年かで、市販誌の売上が全体の75%位から20%位まで激減し、逆にフリーペーパーの売上が10%位から40%位まで伸びているとのこと。

これって実はスゴいことで、ひと昔前なら、普通の雑誌並みに手間暇かけた雑誌を無料で配る、しかもそれで儲けようなんてこと思いもしなかったのに、そんなビジネスモデルで、あの巨大なリクルート社の売上の40%程度を占めてしまうわけですから。

とにかくなんでもいいから、いままで有料だったものを無料にしてみて、その状態でどうやって儲けようかを考える、という思考のトレーニングを繰り返えすことで、将来、巨大企業の屋台骨ともなりうる新事業が生まれるかも知れませんね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。