トップページへ

2008.06.26

デジカメの記録方式について。

rawjpgcheck01.jpgよく巷では、「RAWで撮れるカメラはRAWで撮った方が、JPGより綺麗に撮れる」なんて言われたりしていますが、実際のところどうなんでしょうか。

Eos Kiss X2で記録方式を「RAW+JPG」にして何枚か撮影してみました。
例えば、右の写真。RAWデータを、DPPでそのままJPGに書き出して、撮って出しのJPGと比較してみました。等倍にて、いろいろ詳細を見てみましたが、実のところ、あまり変わらないというか、カメラ内部による画像処理が効いているからか、JPGの方がノイズ処理が綺麗だったりします。下の写真が、等倍で卵を見てみた画。

他の写真も見てみましたが、概ねそんな傾向でした。
なら、JPGで撮った方がいいんじゃない、とは思うものの、RAWなら劣化せずにある程度補正かけられるしな、とも思いつつ、結論的には「基本、JPG撮影。年賀状とかに使えそうなココゾの写真はRAW撮影。」がよいんではないかと。

rawjpgcheck02.jpg
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。