トップページへ

2008.07.08

Gmailに新機能のニュース。
「Gmail」にセッション管理機能を導入、ログイン履歴も確認可能』だそうです。
GmailアカウントにログインしたIPアドレスのほか、アクセス元の種類(ブラウザ、携帯電話、POP3、iGoogle)や、アクセス時間の履歴一覧といった詳細情報を確認できる。
ということで、「もしや自分のGmailアドレスとパスワードが漏れてるかも?」とか「出先のパソコンでGmailにログインしたけど、ログアウトしたっけ?」などといったちょっとした不安が解消できそうです。
ネット社会の闇が取り沙汰されるなか、こういった不安解消系のサービスは地味に嬉しいですね。

実際に自分のアカウントで、言語も変えて試してみましたが、今のところ新機能は使えませんでした。もう少し待ってみようと思います。

Gmail ログイン履歴

#そういえば、先日、米Yahoo!が「@ymail.com」というアドレスの登録をはじめたと聞き、Gmailと同じアカウントでメールアドレスを取得したことを想い出しました。「gmail」と「ymail」が似ている、という理由だけでw
でも、やっぱり使い道ないなぁ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。