トップページへ

2008.07.18

わたしがrssで購読しているブログの中に、品川blogがあります。
そのブログの中で、品川さんが書かれた本『ドロップ』にまつわる話がちょこちょこ出てきます。(ちょうど今、ドロップの映画を撮っているようです。)
ブログを読んでいるうちに、ちょっと興味が出てきましたので、原作の『ドロップ』を読んでみることにしました。

読んでみた感想としては、主人公"ヒロシ"の言動に、ご本人が実際にテレビなどで見せる鋭い切り返しやツッコミが如実に投影されていて、そういった主人公の"頭の切れのよさ"が小気味いい作品だなと思いました。

無理のないストーリーで、文章もとても読みやすいので、不良青春ものが嫌いじゃない人にはオススメです。

#『ドロップ』を読み終えたあと間髪入れず、奥田英朗著『東京物語』を読みはじめ、つい先程読み終えたのですが、こちらはさすがにプロの仕事。普段の生活を描いているだけでも、奥田英朗が描くと、どうしてこんなに面白くなるんでしょうかねー。ほんと不思議です。
categories:books | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。