トップページへ

2008.11.07

大列車強盗 マイケル・クライトン地味にショックなニュース。

「ジュラシック・パーク」の作家、マイケル・クライトン氏死去


何気にマイケル・クライトンの作品は全部読んでいるので、もう読めないのかと。とても残念です。
ただ、最近の作品『NEXT』などは、"社会への警告"的な側面が強すぎて、メジャー作家になってそういう方向に進んだのねと、少し残念に思っていました。

昔の作品で言えば、『ジュラシック・パーク』 や『スフィア―球体』 などのメジャーどころも面白かったのですが、一番どれが面白かったかと聞かれれば、それは『大列車強盗』かと。
強盗計画の精緻さや大胆さが際立っていて、読了後に唸らされた記憶があります。もう一度読んでみようかな。
categories:books | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109240434
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。