トップページへ

2009.01.19

「くまのがっこう絵本原画展」のチケットをもらいましたので、買い物帰りに見に行ってきました。(本日最終日!)
くまのがっこうは、くまのジャッキーが主人公のシリーズ絵本です。

原画展というだけあって、原画がとにかくたくさん展示されていて、その線さばき・色のセンスには感動しきりでした。
そして、原画以外にも展示物があったのですが、その中でも特に感心させられたのが、絵本の「ラフ案」。鉛筆書きの絵本のコンテが展示されていたのですが、コンテにはところどころに「野球のキャッチャーがボールに飛びつく感じで」「ここにネコをおく」などといったコメントが書かれていて、作者のこだわりや考えが垣間見られました。

何気なく見てる絵本の絵にも、作者の想いが込められているだなと改めて知ることで、絵本の絵を見る見方もちょっと変わってきそうな気がしました。

くまのがっこう絵本原画展
SH-01A × Photoshop CS4
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。