トップページへ

2009.02.23

わが家で活躍中のPhotoshop CS4ですが、あまり使っていない機能として「アクション」があります。
アクションはエクセルで言う"マクロ"みたいなもので、処理を記録させて、その処理を再生することができる便利な機能です。
とはいえ、自分の作業でアクションを使うことはほとんどありません。繰り返し作業ってあまりないですからね。

でも、アクションの使い道は、繰り返し作業だけではありません。人が作ってくれたアクションファイルを使えば、自分では思いも付かないような作業工程を再現してくれます。極端に言えば、プロの作業工程が自分のマシンで見られるというわけで、なかなか素晴らしい機能なんではないかと。(今さら?w)

ということで、「The Ultimate Collection Of Useful Photoshop Actions」というページから、いくつかアクションファイルをダウンロードして実際に試してみました。

まず使ってみてよさそうだったのが、「Photoshop Photography Action Set」。全部で8アクション入っているのですが、なかでも気に入ったが「Cross Processing Effect」。
写真関連の用語に「クロスプロセス」という言葉があるようなので、Webで調べてみると・・。

クロスプロセス
クロスプロセスとはポジで撮影したフィルムをネガの現像液を使って現像する手法のことを言います。クロスプロセスをすることで、サイケデリックな色彩にコントラスト強めの写真ができあがります。空の色は恐ろしいほど深い青になり、赤も真っ赤っか、適度な粒子の粗さも加わりレトロ感あふれる絵になります。仕上がりは毎回予測不能なところがワクワク感を増幅させてくれます。
なるほど。確かにアクション処理前の写真と比べると、レトロ感が増して味が深まった気がします。(つづく。)

クロスプロセス処理
Eos Kiss X2 + EF35mm F2 × Photoshop CS4
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114680198
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。