トップページへ

2009.06.04

なぜ「優先度が“低い”タスク」から片づけるべきなのか」という記事。
どんなに重要なタスクであっても、どうしても取りかかる気が起こらないときというのがあります。そんなときには優先度が“低い”タスクから取りかかるのが効果的。
なるほど。「ヤーキーズ=ドッドソンの法則」によると、ほどよい緊張感が最高のパフォーマンスを生むわけですね。

自分の場合はどうかと振り返ると、やる気のあるなしに関わらず、大物を残して、小物をチャカチャカ片づけるタイプだなと。
なんかタスクの「大きさ」よりも、その「数」が気になるようで、「小物のみたくさん」よりも「大物がひとつ」の方が精神的緊張感は少ないようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。