トップページへ

2007.11.06

よく映画の宣伝とかで、「衝撃のラスト。あなたはこの結末に驚愕する。」なんて売り文句があります。
しかし、そんな風に事前予告されると、見ていてもつい身構えてしまって、話の途中にいろいろと勘ぐってしまったり、自分なりの推論を働かせるなどして、純粋に作品を楽しめなくなることは想像に難くありません。しかも、ハードルが高まった分、それを越えるほど意外なラストがない限り、「な〜んだ。」ということになってしまいます。
宣伝の役目としては、その宣伝で興味を引かせて見に来させたんだから、それでいいんじゃないの。という理論も成り立たなくはありませんが、はじめから見に行こうと決めていた人にとっては、余分な事前情報は少なければ少ないほど作品を楽しめるのだと、わたしは思います。(よくテレビ番組のはじめとかに、これから始まる番組のダイジェストとか見所とかを流したりしますが、あれを見るとイライラします。「こんなことしなくても、見ますから。チャンネル変えたりしませんから。」と思ったりしますw。)

※東野圭吾著『容疑者Xの献身』をまだ読んでなくて、これから読む予定の人は、以下を読まないほうがよろしいかと。

東野圭吾著『容疑者Xの献身』話を戻しますと、昨日読み終えた東野圭吾著『容疑者Xの献身』には、よい意味で裏切られました。まさか、"衝撃のラスト"があるとは思っていなかったので、急に飛んできたパンチを正面から受けた感じです。もし、これが事前に「どんでん返しがあるよ」と教えられていたら、いろんな意味で勘ぐってしまい、結果的に、"ガリレオ先生"湯川学の名推理がこれほど威力を発揮しなかったと思います。と、ここでこの本にどんでん返しがあることを書いてしまっては、まだこの本を読んでない人に余計な情報を与えることになってしまうことに気づきましたので、この文章の上に注釈を入れておきましたw。

#そういえば、松本人志さんも映画『大日本人』の告知をするにあたり、あえて"見所を見せない"ようなCMをつくったと聞いています。
categories:books | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。