トップページへ

2007.11.14

safari3 webkit会社のMac miniでは、もっぱらSafari3をメインブラウザに据えています。
ところが、仕事上、Safari2でのブラウザ確認が必要となってきました。でも、Safari2はSafari3に上書きされていて、どこにもありません。そこで、いろいろネットで調べた結果、以下の手順でSafari2とSafari3の共存が実現できました。右上の画像は、Mac miniのドックのキャプチャですが、左がSafari2のアイコン、右がSafari3(Webkit)のアイコンです。

【1】Safari3のアンインストール
Safari3をAppleのサイトからダウンロードすると、そこにSafari3のアンインストーラが入ってますので、それでSafari2に戻します。(意外と気づかない盲点でした。)

【2】Safari3の再インストール
Mac Reviewさんのエントリを参考にSafari3を再インストール。あっけなく共存が完了しました。それまで使っていたSafariプラグイン「SafariStand」も問題なく使えそうです。

ちょっと裏技的なやり方ではありますが、こういうこと考える人ってとても素敵な感じがします。ただ、Safari3の起動時にWebkitのページが強制的に出てくるのはご愛敬ですねw。

[追記]
以下追加情報です。厳密なSafari3ではないのですね。
最新のWebKitの進化を楽しもう!
categories:apple | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66432901

この記事へのトラックバック
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。