トップページへ

2008.01.24

ケータイの世界がまた一歩前進したと思われるニュース
日本通信は1月23日、Appleが提供するメールサービス「.Mac メール」をNTTドコモの端末で利用するためのサービス「ConnectMail」を2月1日に開始すると発表した。
dotmac.pngドコモのケータイで、@docomo.ne.jp以外のeメールをやりとりしようと思った場合、現状では、Webメールのサイトにアクセスしてネットワーク上でやりとりするしかなかったように思います。
でも、今回発表されたサービスを使えば、ケータイ端末のメールソフトで@mac.comのメールアドレスが利用できるようになります。逐一メールが来ているかチェックしに行かなくても、@mac.comに新着メールが来た時点で、ケータイ端末に新着メールがプッシュ配信されるそうです。(←これ結構大事ですよね。)
これで、パソコンとケータイで別々にチェックしていたメールアドレスを1本化できるというわけです。

「このサービスを使うとiモードが使えない」というデメリットについては、正直あまり気になりませんが、年間4,800円を別途払うのが高いか安いかは、意見が分かれそうです。月に換算すると、400円/月。そう考えると、iモードの有料サイトくらいの値段なので、たいしたことはないですね。

#このサービスは、Appleの.Mac専用に開発されたわけではなく、他のメールサービスにもつぶしが効くそうです。しかし、数あるメールサービスのなかから、最初のパートナーにAppleを選んだ背景には、どんな戦略が隠されているのでしょうか?(Appleユーザは新しもの好きだから、とか?)
categories:apple | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。