トップページへ

2008.02.20

雫井脩介著『火の粉』読み始めてから一気に読み終えてしまった作品を紹介しておきます。
雫井脩介著の『火の粉』です。

この本のおもしろさは、プロット展開や物語の雰囲気作り、人物描写などがすべて"映像的"なので、場面の情景が容易に想像できたり、場の雰囲気を肌で感じられる点だと思います。物語全体に流れる"薄ら寒い"雰囲気を味わいながら、ついつい次の展開が気になって、最後まで読んでしまう作品と言えます。
結局主人公が誰なのか定まらず(雪見?)、感情描写も少なめなので、けっして人間ドラマ的ではないのですが、物語の展開だけでも"映画的な楽しみ"ができるんじゃないかと思います。

おすすめの1冊ではないかと。
categories:books | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84959026

この記事へのトラックバック
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。