トップページへ

2008.03.24

仕事中は、パソコンのキーボードをパチパチ打ったり、メールやWebを見たり、人と話したりなどなど、常に何かをやっていることが多い。それで、もちろん仕事は進むけど、新しい発想とかアイデアとかはなかなか進まない気がします。
「端から見ると何もやっていないように見えるけど、実は頭の中で仕事をしている時間」というのが大事ではないかと。
しかしそれを仕事中に実践するには、人から「暇そうだね」と思われても、「気にしない」と思える強い心が必要ですw(←ウチの会社の場合ですが。)

(そんなに強いはずもない)わたしの場合は、ささやかながら、昼食後にトイレで歯を磨く時間をそれに当てています。歯を磨きつつ、トイレの窓からの眺めを見ながら、仕事について考えたり、何か新しいことやろうかなと考えたり、このブログに何書こうかと考えたり。
結構それで、先に進めることが多いような気がします。

(トイレの窓から見る風景)
トイレの窓から見る風景

OTOSHIMA BLOGで知ったのですが、六本木ヒルズ森タワーの49階に「六本木ライブラリー」という会員制のライブラリーがあるそうです。こういう場所こそ、「発想が進む場所」にふさわしいですね。(トイレでは・・、ねw)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。