トップページへ

2008.04.16

昨夜、maclalalaを見ていたら、思わず笑ってしまったエントリがあったので、ここでひとつ。
それは「It’s Gonna Happen:偶然だぞ」というエントリで、Googleの翻訳機能のことが取りあげられています。詳しくはそれを読んでもらった方がよいのですが、Web翻訳が一般化してきた昨今、こういうことは他でも起こっているんだろうなと。

Googleの翻訳機能わたしもたまに、英語のページなどを見る際に、Webページごと翻訳サイトで翻訳してもらうことはあります。ですが、やはり基本は英語を読んで、わからない単語とかにあたった場合に、翻訳を参考にする程度です。いろいろなWebサービスが進化した今でも、翻訳だけはそんなに進化していないような気がするのは私だけでしょうか。。

エントリの中で、グーグルの翻訳機能は"苦笑をさそう「エンターテインメント路線を行く」結果になる"と書かれていました。いままで翻訳サイトごとの違いなど、あまり意識してなかったのですが、"そういう結果を比べて誤訳を楽しむサイト"というのもアリかもしれませんね。

#以上の文章をグーグルで英語翻訳して、さらに日本語翻訳してみました。
昨夜、 maclalala彼のエントリを参照している場合がうっかり笑いは、次の1つです。
とはいえ、 "偶然だぞ:偶然です。 "エントリで、 Googleの翻訳機能を取りあげことができます。詳細については、与えてくれたことをもっとよく読んで、ウェブ上でも翻訳されては、最近の全身が、これらの他の物事が起こっているとのかしら。

ときどき私は、英語のページを見るときには、ウェブサイトの各ページの翻訳文の翻訳は完了です。が、それはまだ読んで、基本的な英語、またはatatta言葉を知っている場合、範囲の翻訳文を参照してください。ウェブサービスが進化異なる今のところ、翻訳の進化だけではないことのように感じるだけではないのですか? 。

エントリでは、 Googleの翻訳は"と苦笑いするsasou "エンターテインメント路線を行く"検索結果"と書いていた。今までのように、さまざまな翻訳サイトが、あまりにも認識していないが、 "これらの結果と比較して誤訳を享受するサイト"アリかもしれないので。
「うっかり笑いは、次の1つです。」って・・・w
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。