トップページへ

2008.05.26

会社のMac miniには、BootcampパーティションにWindowsXPをインストールしています。
たま〜に、IE7でブラウザ確認したいときなどに、Windowsで立ち上げ直していますが、やはり少々面倒なこともあり、試しにVMware Fusionの体験版をインストールしてみました。
(会社のメインマシンはWindows2000なので、IE7が入らないのですw)

vmwarefusion.pngVMware Fusioniconは、Intel Mac上でWindowsを同時実行できるPC仮想化ソフトです。VMware Fusion体験版をインストール後、BootcampパーティションのWindowsを起動して、VMware toolsをインストールすれば準備完了!
今回はついでに、WindowsXPをSP3にアップグレードしておきました。(特に問題はありませんが、特によくなったってこともない気がします・・・。)

使用感としては・・、会社のMac miniが非力(1.5GHz Intel Core Solo/メモリ1G)なせいか、若干カクカクする場面がありますが、概ね問題なし。それよりも、MacOS上で普通にIE7のウィンドウが立ち上がり、DockにちゃんとIE7のアイコンが出ていることに、思わず「おぉ!」と感動してしまいました。

若干、メニューとか設定とかが分かりにくかったりしますが、こんなスゴイことができて1万円ちょい、というは安いんだろうなと。あとは、会社の人にこの感動を伝えて、VMware Fusion正式版を買ってもらうだけですw(たぶん伝わらないだろうなぁ〜)
categories:apple | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。