2010.09.04

やなであゆ少し前ですが、やなであゆを食べました。漢字で書くと、梁で鮎。
やなとは、梁漁(やなりょう)を売り物にした食事処。「観光やな」ともいう。梁に入って鮎を捕まえて楽しむことが出来たり、そのやなを見ながら川を渡る涼風を受け、捕れたばかりの新鮮な鮎料理に舌鼓を打てる。
やなの存在を初めて知りました。

「やなであゆ」。反対から読んでも・・・違いますねw


Photo: Canon Eos Kiss X2 + EF35mm F2 × Adobe Photoshop CS4

2010.02.28

東京マラソン2010今日は東京マラソンでしたね。
家の近くを通りますので、毎年チラ見しますがw、なんか毎年雨が降っている印象です。

どうせ走るなら、ホノルルマラソンのようにスカッと晴れたなかで、走りたいですね。まぁ、走りませんけどねw



Photo: Canon Eos Kiss X2 + TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 Di II × Adobe Photoshop CS4

2009.08.18

最近は少し「書く気力」が失せています。
他に気を取られているからでしょうか・・・。

ともかくも、池田信夫 blog「教育改革はなぜ失敗するのか」の一文をメモしておきたいと思います。
日本の大学はシグナリングの装置だから、その役割は入試のとき終わっている。重要なのは「東大卒」の学歴ではなく「東大入学」の能力だから、4年間は遊んでいてもかまわないし、大学の成績も重視されない。
確かに、わたしの周りにも東大出身の人は何人かいますが、そういう人たちを見て「東大入ったの?スゲー」とは思っても、「東大卒業したの?スゲー」とは意外に思わないなと。
要は、「難しい試験に合格するだけの努力と工夫ができる人間だ」という評価の仕方ですね。

そのあたりの見方が変わらない限り、大学は入学がゴール、という状況は続きそうだなと。

2009.07.27

最近の週末は、セールにばかりに足を伸ばしていて、あまり写真が撮れていないです。
だから、ここで紹介する写真もなさげ。

でも、ちゃんと納得のいく「鞄」が買えましたよ。

#セール中にセール対象外のものを買うって、結構勇気がいるもんですね。はじめてです。
ちなみに買った鞄は、「マスターピース」の鞄です。

2009.07.23

この前、「お腹周りの肉を引き締める」という目標を書きました。そのなかで、
みっつめは運動。腹筋は瞬間的で局所的な運動ですので、それとは別に、もう少し長めで全身を使った運動も併用できれば、と考えています。
と書きましたが、この運動として今やっているのが「ビリーズブートキャンプ」です。

そう、古いです。今さらです。2周遅れくらいで今さらです。
そして、きついです。いつまで続くか自分でも分からないほどきついです。

まだ始めてから5日目ですので、もうしばらくは続けたい、と思っています。

2009.07.15

急に、だぶついたお腹周りの肉を引き締めたいなと思い始めました。
タイミング的には、これからもっと暑くなって、食が細くなるので、食事制限もしやすいのではないかと目論んでいます。

やることは3つ。
ひとつめは食事制限。と書くとおおげさですが、意識的に炭水化物の量を減らしたり、9時以降はあまり食べない、ということを今までより強く心がけるレベルを考えています。
ふたつめは腹筋。1日20回を3セットくらいやってみようかと。とりあえず昨日の夜はやりましたw
みっつめは運動。腹筋は瞬間的で局所的な運動ですので、それとは別に、もう少し長めで全身を使った運動も併用できれば、と考えています。

基本的に長続きしないタイプなので、できそうな範囲で長く続けられるようにと上の3つを考えましたが、これですら長続きしない可能性がありますので、取り急ぎ、ブログに書いて宣言してみたというわけです。

お腹が割れたらまたご報告します(!?)

2009.06.04

なぜ「優先度が“低い”タスク」から片づけるべきなのか」という記事。
どんなに重要なタスクであっても、どうしても取りかかる気が起こらないときというのがあります。そんなときには優先度が“低い”タスクから取りかかるのが効果的。
なるほど。「ヤーキーズ=ドッドソンの法則」によると、ほどよい緊張感が最高のパフォーマンスを生むわけですね。

自分の場合はどうかと振り返ると、やる気のあるなしに関わらず、大物を残して、小物をチャカチャカ片づけるタイプだなと。
なんかタスクの「大きさ」よりも、その「数」が気になるようで、「小物のみたくさん」よりも「大物がひとつ」の方が精神的緊張感は少ないようです。

2009.04.16

桜と松 身内の不幸があり、2日ばかり会社を休んでおりました。

しかし「身内の不幸」といっても、90歳を越えての話ですので、"不幸"という表現は書きながら適当じゃない気がしてきました。
反対に「身内の幸せ」と書いてもなんだか結婚式みたいだしw

こういうときは、なんと言うのが適当なんでしょうかね。


#写真と本文には実はなんの関係もありませんが、餞(はなむけ)の写真ということで。

Photo: Canon Eos Kiss X2 + TAMRON SP AF 17-50mm F2.8 Di II × Adobe Photoshop CS4

2009.01.27

FELISSIMO 500色の色えんぴつ500色の色えんぴつが発売されるとのこと。

FELISSIMO 500色の色えんぴつ

1992年に一度発売されていて、それの復刻版のようです。そういうニーズがあるということですね。
いま家で(子供が)使っている色えんぴつセットは24色だから、それの約20セット分。24色でもすべての色を使い切ってないようなので、500色なんて到底使い切れないし、色を選ぶために500本の鉛筆を拡げておけるようなスペースもありません。
それを分っていても、なんか欲しくなるのは、やはり実用というよりコレクション的なアイテムだからでしょうか。
それと、それぞれの色に何という名前が付いているのかも非常に気になりますね。

現在、先行予約中で、36,000円が30,000円の特別価格。いつでも、どこにでも売っている物ではないので、欲しい人にとっては安いのかも知れません。

2009.01.26

今日は目黒雅叙園ではじめて会う方々とミーティング。
"はじめて"はあまり得意な方ではありませんが、こちらにも味方が1人いたこともあり、始終なごやかな雰囲気で有意義な時間を過ごすことができました。
(しかし、男性だと思っていた人が、会ってみたら女性だったっていうのはちょっと驚きますねw)

そのなごやかムードをさらに後押ししていたのが、目黒雅叙園の壮麗な雰囲気。滝があったり、鯉が泳いでいたり、藁葺きの日本家屋みたいな食事処があったり、水の上に豪華な着物が飾ってあったり。
日常から少し離れて、気分的にもリラックスできた感じがします。ちょっとした「転地効果」しょうか。
目黒雅叙園
SH-01A

2009.01.22

YDP-140.png電子ピアノを購入しました。久々に「もう少し下げられない?」なんて値引き交渉してしまいました。
購入したのはYAMAHA アリウス YDP-140。かなりな入門機種です。

はじめ、どうせ買うならと15万前後のものをいろいろと物色していましたが、「この部分はこっちがいいけど、この部分はあっちがいい」なんてやっているうちに、とりあえず最初は安いやつでいいんじゃないの?という結論に落ち着き、晴れて入門機の購入となったわけです。

まだ手元には届いておらず、今週末に来る予定ですが、とりあえずリビングに設置場所だけは確保しました。電子ピアノはモノとしてはかなり大きく、リビングがかなり手狭になってしまうわけですが、「リビングにあるピアノのまわりに人が集まる感じ」って何か理想の家庭っぽくて何かよいかなーなんてw

#もちろん、電子ピアノは子供のために買いました。でも、私も練習して1曲くらいは弾けるようになりたいなと。

2009.01.20

音波振動ハブラシ「ドルツ」3〜4年くらい前から、音波振動ハブラシ「ドルツ」を愛用しています。
先日とある電器店に行った際に、ナショナルブランド一掃セールをやっていて、ドルツの最新モデルがとても安く売っていました。ブランドがパナソニックに統一されるにあたり、ナショナルと名前の入ったものを安く売っているとのこと。パッケージやラベルが古いだけで、中身に違いはないということで、思わず衝動買いしてしまいました。(型番はEW1044。パナソニックブランドはおしりに「P」が付いて、EW1044Pとなるようです。)

いまさら説明書を読む必要もないのですが、念のため説明書をめくってみると、「歯を4つのエリアに分けて、30秒ずつ磨きましょう」との教えが書かれていました。
いままで私は、歯の上面を全て磨いた後に、歯の外側面を全部磨いて、最後に歯の内側面を全て磨くやり方をしていました。でも、おすすめは、上の歯の右エリアを全て磨いて、次は左エリア、そして、下の歯の右エリア、最後に左エリアと磨いていくやり方です。
実際これを試してみると、より磨きが丁寧になって、結果的にツルツル度が増した気がしています。(ドルツは30秒ごとに合図してくれますので、とてもやりやすいです。)

この変化を工場に例えてみると、今までは昔ながらの「流れ作業」。上面担当、外側面担当、内側面担当、それぞれがひとつの工程をこなしていきます。一方、新しいやり方はいわば「セル生産方式」。1つのエリア担当者が、上面・外側面・内側面すべての工程を担当し、ひとつの商品を仕上げていきます。
流れ作業、セル生産方式、それぞれに長所・短所があるようですが、私の中では、「口の中で産業革命が起きた」とでもしておきますw

#音波振動ハブラシはかなりおすすめです。"一度使うと戻れない度"がかなり高いです。ウチの古いドルツもまだ現役ですので、奥さんの実家に送って帰省時に使おうかと考えています。

2009.01.19

「くまのがっこう絵本原画展」のチケットをもらいましたので、買い物帰りに見に行ってきました。(本日最終日!)
くまのがっこうは、くまのジャッキーが主人公のシリーズ絵本です。

原画展というだけあって、原画がとにかくたくさん展示されていて、その線さばき・色のセンスには感動しきりでした。
そして、原画以外にも展示物があったのですが、その中でも特に感心させられたのが、絵本の「ラフ案」。鉛筆書きの絵本のコンテが展示されていたのですが、コンテにはところどころに「野球のキャッチャーがボールに飛びつく感じで」「ここにネコをおく」などといったコメントが書かれていて、作者のこだわりや考えが垣間見られました。

何気なく見てる絵本の絵にも、作者の想いが込められているだなと改めて知ることで、絵本の絵を見る見方もちょっと変わってきそうな気がしました。

くまのがっこう絵本原画展
SH-01A × Photoshop CS4

2009.01.16

ここ最近、紫色に凝っています。このブログの色も紫色ですw

今日、年末のバーゲンで買った紫色のセーターを着て会社に行ったら、似たような紫色のセーターを着ている人、紫色のシャツをインナーで着ている人、紫色のマフラー巻いている人、などなど紫系の人たちが結構たくさんいて、「紫ブーム?」なんて話になりました。

実際のところ、紫色は世の中でもブームなのでしょうか?

#関係ありませんが、そこらじゅうで着ている人がたくさんいるのに"ブーム"とは言われない「白」や「黒」って、ちょっとかわいそうな気がしてきました・・。

2009.01.02

実家近くの神社で初詣。
「大吉」で新年早々、幸先のよいスタートです。

#おみくじの"振り"が悪くて、前の人と同じ番号が出たので、くじを引っ込めて、よ〜く振ったら「大吉」が出ました。2009年は"一度やり直すとうまくいく"ということでしょうかw
ちなみに、「前の人」とはウチの奥さんのことで、「小吉」の番号でした。

大吉スタート
SH-01A

2008.12.31

2008年ももうすぐ終わりですね!
大晦日になると、ついつい体をいつもより綺麗に洗ったり、歯を入念に磨いたりなどしてしまうのは何でなんでしょうかね。年号が変わるだけなのにw

2008年を振り返ると、ブログ的にはデジタル一眼レフカメラを買ったことが一番大きかったなと。ちょっとフォトログ的になってきていますしね。

デジイチは、とにかく大きくて邪魔なのは間違いありません。かばんに入れづらいですし、入れたら入れたで出しづらいですし。とにかく機動性は低いなと。
でも、写真が綺麗に撮れるのは間違いないですし、何より、持っているだけで生活のあらゆるシーンで「写真撮ろうかな」と思わせてくれるのも事実です。
何気にこれが一番大きくて、ものの見方が変わってくるというか、カメラのフレームを意識してものを見るようになります。ふとした瞬間に、「あっ、ここ写真で切り取りたい」なんて思うわけです。
でも、本当にその瞬間を切り取るにはカメラを持っている必要があるわけで、カメラの機動性が大事だったり・・・。
だから、「カメラの機動性」と「撮りたい欲求」がトレードオフな関係だと、ちょっとした欲求不満が生まれます。
最近のコンパクトデジイチの流れは、それを象徴している気がしますし、SIGMA DP1の今後もとても気なります。

何年かすると、フルサイズの撮像素子を搭載したコンパクトカメラなどが登場しているかもしれませんが、しばらくはEos Kiss X2 + EF35mm F2で腕を磨こうかなとw

2008年もおつかれさまでした。

2008.12.02

以前、日産のコンパクトカー「cube」の新型が出たと書きましたが、先週末、銀座で散歩をしていたら、日産ギャラリーにちょうど展示したありましたので、ちょっとのぞいてみることにしました。
子供と運転席・助手席に座り込んでみましたが、最近の車の例に漏れず、室内の質感は高いですね。あまり言うことなし。
外観はちょっと好みが分かれるかなと思いつつも、このサングラス顔が嫌いじゃなければ、長く愛着を持って付き合えそうな車な気がしました。

今回の新型cubeのイメージカラーとされるのが、この写真の「クラフトダンボール」という色。段ボールのような道具感にこだわったとのこと。「段ボールの車に100万円も出せるかー」と言う人がいるかどうかはわかりませんがw、新車のイメージに「段ボール」というチープな素材をぶつけてくるあたりは、ちょっと面白い戦略ですね。

NISSAN cube
Eos Kiss X2 + EF35mm F2

2008.12.01

10月末くらいに、無料で出せる年賀はがき「tipoca」の申し込みをしていました。その申し込みに使ったメールアドレスに久しぶりにアクセスしてみたら、こんなメールが来ていました。
「tipoca」をお申し込みのユーザー様
「tipoca」をご利用いただき、ありがとうごいます。
抽選、ならびに当選発表について、
11月中旬を予定しておりましたが
スケジュールを下記の通りに変更をいたしました
ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。
なお、tipocaは応募多数のため抽選となりました。

【抽選、ならびに当選発表のスケジュール】
11月30日 申込締切
11月30日 抽選をシステムにより自動的に実施いたします。
12月 1日 抽選結果メールをご登録いただいたメールアドレスに
お送りいたします。
(不当選の場合にもご連絡いたします。)
12月中旬 発送のご案内メールを送信後、発送いたします。
12月中旬に送って来られても間に合わないよ!という人もいそうですね。
わたしのように基本的に郵便で年賀状を出さない人が興味本位で申し込んでいる場合や、年賀状が足りなくなった場合の補助的な役割として申し込んでいる場合は、あまり問題にはならないとは思いますが・・。

とはいえ、新規ビジネスは最初が肝心。一度でも「使えないなぁ」と思われてしまうと、ビジネスの継続性が危うくなることもありそうです。
なんてこと書いていたら、抽選結果が届きました。
このたびは、年賀ハガキ「tipoca」をお申し込みいただきありがとうございました。
抽選の結果、残念ながら落選いたしました。
大変、申し訳ございません。
本年度いただいたご意見をもとに、より良いサービスとなるよう改善を重ね、来年度も引き続きサービスの提供を目指して参りますので
今後とも「tipoca」をよろしくお願いいたします。
あ、落選。年賀状がもらえないことより、久しぶりに人から言われた「落選」という言葉に少しヘコみますねw

2008.11.19

新型「cube」日産のコンパクトカー「cube」の新型が、11月26日発売とのメールニュースが届きました。
(現在、車は所有していませんが、)昔から"四角い車"がどちらかというと好きなので、「cube」は気になる車のひとつでもあります。

今回のモデルチェンジでは、このサングラスをかけたような"顔"が特長のひとつになっています。Webサイトでは自ら「愛らしいイキモノ」と呼んでいます。
最近では、いかつい吊り目の顔が主流になってきてますので、こういう動物的な顔はとても新鮮な感じがします。

車をあたかも「おしゃれなインテリア」のひとつであるかのようにデザインする日産。車を芸術品のようにグラマラスにデザインするマツダ。どちらもデザインコンシャスなところがいいですね。

2008.10.14

今日は会社の健康診断。
あいかわらず、心電図検査の吸盤の冷たいこと。裸の胸に付けられるとビクッとしちゃいます。
もしかして、会社が委託している病院の設備・備品が古いだけ?とふと思ったのですが、世の中的にはどうなんでしょうか。

それはさておき、今日、視力を測ったら、左右の目とも裸眼で「1.0」になっていました。たしか両目で「0.6」なかったはずだったのですが・・。

何かしたわけでもないのですが、今日は「上、右、下」の勘が冴えてたかな、なんて。

#明日は、5年ぶりの運転免許書き換えを予定しています。一旦メガネ無しで「0.6」越えに挑戦してみようかなw
(ダメなら、"眼鏡等"の方向で。)
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。