2008.08.25

ここは築地場外。
何気なく細くて暗い脇道をのぞいてみると、そこにうどん屋さんがありました。
お店の名前までは見てこなかったのですが、あとで写真に写っているキーワード「小エビ」「天ぷら」「うどん」で調べてみると、ここが「築地虎杖(いたどり)表店」だとわかりました。メディアとかにもよく出ている、カレーうどんで有名なお店ですね。

みなさん暑い中、汗をかきかきカレーうどんをすすっているようでした。

築地虎杖(いたどり)表店
Eos Kiss X2 + EF35mm F2

#Googleストリートビューにて。大通りはどちらの車線を走っているかで、よく見える/よく見えないがあるようですね。
(↓はたしてうまくいくのでしょうか。)
Google マップ ストリートビューを使って愛する女にプロポーズする男


大きな地図で見る
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.08.22

ここは、かの有名な築地本願寺。
その特徴的な外観は、インド様式が採用されているとのことで、築地の町並みの中で一種独特の雰囲気を醸し出しています。
しかし、一旦中にはいると、そこは"日本"であり、昔からの桃山様式が採用されているとのこと。ウチの子の稚児行列もここでやったのでした。

築地本願寺
Eos Kiss X2 + EF35mm F2

#Googleストリートビューにて。ちょうど木で隠れていて見えませんね。

大きな地図で見る
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.08.19

いつ見ても、車が通らない道があります。
Googleマップで調べてみると、どうも高速道路の出口のよう。車が通らないので、もしかしたら緊急用(災害用?)の出口かも知れません。
それなりに大きな土地を占めているので、もったいない気もしますが、こういうのはこういうのなりに必要なんでしょうね。

車が通らない道
Eos Kiss X2 + EF35mm F2

#Googleストリートビューにて。通勤中と思しき人たちが写ってますね。


大きな地図で見る
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.08.18

週末、風景写真を撮りに街へ繰り出してきましたので、撮った写真を小出しに紹介していきたいなと。(ちょっとした物議を醸しているGoogleストリートビューを絡めつつね。)

しかし、散歩をしながらの街撮りは楽しいですねー。今度は子どもを連れていこうかな。いや、嫌がるかなw

初っ端は、テーブルワイン「ポンデュガール」。
実際に入ったことはないのですが、各国のテーブルワインが味わえるお店だそうです。高速道路の脇にあるのですが、この一角だけ雰囲気が外国してますw
道路に面しておらず、小道でちょっと奥にはいる辺りが、お店としてはいい距離感です。

テーブルワイン「ポンデュガール」

#Googleストリートビューにて。エントランスに車が止まっちゃってますね。休日に撮影されたのかもね。


大きな地図で見る
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.08.16

以前紹介したフリーフォント「Ringbearer」が気に入ったので、逆にこのフォントにあう写真を探してみました。
少し古いのですが、東京ディズニーシーに「タワーオブテラー」ができた年に撮影した写真と組み合わせてみました。
この手の写真がやっぱり一番合いますねぇ。

タワーオブテラー
Canon IXY DIGITAL 800IS
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.08.15

お盆なので、さらっと自然の風景でも。

雲場池(くもばいけ)
は軽井沢の林のなかに佇む池。池というには大きく、湖というには小さい。ちょっとした観光スポット。
秋になると、紅葉が始まってこんなにきれいになるようです。(風景写真は快晴が一番ですよね。)

雲場池(くもばいけ)
Eos Kiss X2 + EF35mm F2
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.08.14

以前、「Kool Beans」というフリーフォントを紹介しましたが、同じサイトで、ちょっとよさそうなフォントを見つけましたので、メモがてら。

そのフォントの名は「Ringbearer」。商用利用不可のフリーフォントです。ちょっと擦れ気味で、映画のタイトルにそのまま使えそうな感じがします。

「Ringbearer」をダウンロードする


ディズニーランドに行ったときに、昼食で使った「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」での写真と組み合わせてみました。(写真ネタがいつもTDLばかりでスイマセンw)

クイーン・オブ・ハートのバンケットホール
Eos Kiss X2 + EF35mm F2
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.08.11

最近では、ブログに載せる用に、撮った写真を思いっきりPhotoshopで加工しています。
もっといろいろ加工できないかなと、ネットで調べていたら、こんなサイトがありました。

Photoshop カンタン SFX

Photoshopで画像を加工するためのチュートリアルがたくさん載っていて、とても参考になります。
こういうのを見ていると、Photoshopの実力の半分も使いこなせてないなぁ、と思えてきますね。

#「トイカメラ」をやってみました。なるほど。レンズフィルタで「エメラルドグリーン」をかけるんですね・・。

ミッキーマウスレビュー トイカメラ
Eos Kiss X2 + EF35mm F2
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.08.06

軽井沢の話もこれで最後。

昨日紹介した「軽井沢プリンスショッピングプラザ」内にある『ろぐ亭』という焼き肉屋さん。ここで食べた「上ハラミ定食(1,000円)」がとてもおいしかったなと。

1,000円のくせして、柔らかお肉。よい意味で裏切られました。

ろぐ亭
Eos Kiss X2 + EF35mm F2

#最近、だんだん写真ブログっぽくなってきたなー。まあいいか。
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.08.05

昨日に引き続き、軽井沢の話。

軽井沢の2日目は、「軽井沢プリンスショッピングプラザ」へ。わたしも、ウチの奥さんも大好きなアウトレットです。
Wikipediaによると、
East・New East・IMAX&味の街・West・New Westの5つのエリアから構成され、合計196店舗。
ということで、全部で196店舗もあるそうです。(そんなにあったっけ?)

ひと通り全部のエリアを半日がかりで見てまわり、結局、Yシャツ2枚とお箸1膳を購入しました。

その買い物の途中、アウトレットの中央にある芝生の広場でウチの子どもとボール遊びをしたのですが、こういうスペースって地味に大事だなと。
買い物に疲れたり、飽きたりしたときに、こういう芝生スペースがあると、途中休憩してまた買い物に繰り出すこともできるし、そもそも芝生の緑を見るだけでも、さわやかな気持ちにさせてくれます。
芝生スペースがあるだけで、アウトレットの平均滞在時間がかなり長くなるような気がしました。

#そう考えると、Webもまた然り。でしょうかね。

<芝生スペース>
軽井沢プリンスショッピングプラザ
Eos Kiss X2 + EF35mm F2
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.08.04

週末を使って、軽井沢に行ってまいりました。

何しに行ったかといえば、それは"避暑"です。
日中の軽井沢はそれなりに暑かったのですが、朝夕は明らかに涼しいですね。東京に戻って、その暑さに愕然としたものです。
今朝も、こんなことなら軽井沢の涼しさを知らない方がよかったんじゃないかと思うくらい、不快な寝起きです。汗だくです。

ウチの子も、寝ている間の汗の量が違うからか、軽井沢の朝は牛乳をちょっとしか飲まなかったのに、今朝は、牛乳を浴びるように飲んでました。(5杯くらい?)
はたして、どちらが健康的なんでしょうね。

#旧軽井沢の目抜き通りは、結構な混雑でした。沢屋のミルクジャムを買って帰りました。練乳のようなおいしさです。

旧軽井沢の目抜き通り
Eos Kiss X2 + EF35mm F2

※写真左下の人は、何の関係もありません。あまりにはっきり写っちゃったので、加工してみましたw
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.08.01

スターバックスカフェでは、注文したあとに『赤いランプの下でお待ちください。』というお約束があります。
なんておしゃれなお約束なんでしょうか。

突き詰めて考えれば、『こちらでお飲み物をお渡しします』などと書いた看板を提げておけば、よっぽどストレートで分りやすいわけですが、そこを敢えて「赤いランプ」。
ちょっとわかりにくいけど、一度覚えれば忘れにくいお約束。赤いほのかな明かりに照らされて、心がちょっと癒されるお約束。

とにかく「わかりやすく」「迷わせない」「初心者にやさしく」が重視されがちなWebの世界においては、"はっきり(直接的に)書いてあげる"ことが美徳とされたりしますが、スタバの赤ランプのような"間接的な表現"もやっぱり必要じゃないかと。

おしゃれで、気の利いた"お約束"。Webでも是非やりたいですね。

#『(スタージェットの)赤いランプの下でお待ちくださーい。』なんてねw (そろそろディズニーランドネタもタマ切れです。)
スタージェット
Eos Kiss X2 + EF35mm F2
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.07.31

わが家からそう遠くないところに、『酒蔵 秩父錦』があります。
『酒蔵 秩父錦』は、お酒を一杯やるところ。

近代的なマンションの間に挟まれ、ぽつんと佇むその古風な外観は、そこを歩く人の足を一瞬止めさせる力があります。

その日は、2階の窓から白黒のお犬様が半身を乗り出し、こちらを見つめていたのでした。

酒蔵 秩父錦
Eos Kiss X2 + EF35mm F2
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.07.29

Tomorrow』というテレビドラマの中で、病院を退院したおばあさんが、竹野内豊が撮った海辺の写真を見ながら、こんなことを言っていました。
『朝陽ってのは不思議だね・・・、見ているだけで元気がでてくるんだよ。』

確かに、朝陽ってなんだかありがたい感じがしますし、周囲がだんだん明るくなるに従って、気持ちもそれに連れて明るくなる気がしますよね・・・。

でも個人的には、夕陽の方が好きだったりします。
夕陽が沈むにつれ、周囲がだんだん暗くなり、気持ちもだんだん暗く・・・はならずにw、なんか1日が終わった達成感とともに、まったりと気持ちが落ち着いていくような感じがします。

特に、夕陽が沈みかけた時の、真っ青な空がとても好きで、夕陽の黄色から青色へと伸びる空のグラデーションから、だんだん黄色が白になり、青がどんどん濃い青になって、やがて真っ暗になる。その短い瞬間が、1日のなかで一番いいんですよね。

Webで調べてみると、あの瞬間は一般的に「ブルーモーメント」と呼ばれるそうで、Wikipediaではこう解説されています。
夕焼けが赤く、日没の前から日没直後まで見られることとは対照的に、ブルーモーメントは青く、日没後の短い時間しか見ることができない。時間が経つにつれブルーモーメントの青色は暗くなり、夜の暗闇に変わる。
最近、ブルーモーメントを見た記憶がないので、今度、雲ひとつない晴天の日があったら、夕方の時間を意識して空を眺めてみたいなぁと。

#この前の日曜日は、夕日が見事なオレンジ色に輝いていました。

オレンジ色の夕日
Eos Kiss X2 + EF35mm F2
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.07.28

近所の盆踊りに行ってきました。

わたしは盆踊りの振り付けを知らないので、カメラマンに徹しましたが、ウチの子はなんとなく振り付けを知っているようで、輪の中に入って、なんとなく踊っていました。

Eos Kiss X2を買ってから、夜のイベントを撮影することはあまりなかったのですが、夜の撮影ってなかなか難しいものですね。写真を取り込んだら、ボケ写真ばかりでちょっとした衝撃を受けましたw

「Pモード」のフラッシュ無しで撮ったのですが、「Pモード」だと、絞りとシャッタースピードが自動で設定されます。暗い中での撮影ですので、シャッタースピードをできるだけ稼ごうと、絞りはF2.0まで自動的に開かれたりします。すると、ピントが合う範囲が狭まって、盆踊りの輪の中の子供を、輪の外から写そうとすると、ピントが手前の踊り子に合っちゃったりして、見事にボケ写真が誕生します。
刻々と動く被写体にビシッとピントをあわせるワザをもう少し勉強する必要がありそうだなぁ、と。

あと、前からの課題ですが、やっぱり「手ぶれ」でボケます。きっちりホールディングしているつもりなのですが、画像を取り込んで見てみると、やっぱり手ぶれしているようです。手ぶれ補正付きのレンズを買う、という手もありますが、まずは手ぶれを押さえるホールディングを身を以て覚えたいなと。

盆踊り
Eos Kiss X2 + EF35mm F2
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.07.24

GIGAZINEでフリーフォントのダウンロードサイトが紹介されていました。

8900個以上のフォントが無料でダウンロードできる「FontSpace」

最近、Eos Kiss X2で撮った写真を加工して、文字を載せるのがマイブームだったりするので、早速気に入ったフォントをいくつか家のiMacにインストールしてみました。

たくさんの中からフォント選びをしていると、何か自分の嗜好があぶり出される感じがしますね。同じようなフォントばかり選んだりして。
何かたくさんの中からユーザーに選んでもらって、各ユーザーが自分が選んだものを公開して、自分らしさを表現する(もしくは占う?)コンテンツ、ってなんかできそうだなぁ・・・。

まぁ、それはさておき、インストールしたフォントを使って、先日行ったディズニーランドの写真と組み合わせてみました。
う〜ん。デザイン的にはもう一歩、ツメが甘いようではありますが、使用したフォント「Kool Beans」はなかなか気に入ってます。

「Kool Beans」をダウンロードする

ジャングルクルーズ by Kool Beans
Eos Kiss X2 + EF35mm F2
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.07.22

3連休の最終日は、ひさびさに新宿まで買い物に出かけました。

新宿通りの歩行者天国を行ったり来たりしたのですが、新宿のホコ天って、なんだか落ち着かないですよね。ただ単に道幅が拡がっただけで、通りやすいは通りやすいけど、のんびり散策するような"雰囲気"がないというか。とにかく先を急げ、みたいな。

その点、銀座のホコ天はとっても落ち着きます。パラソル付きのテーブルとイスがところどころに置いてあって自由に座れたり、店舗の店先でかき氷売ってたり、一眼レフを手にしたカメラマンが思い思いの風景を切り取ってたり、等々、「用事がなくても来ていいよ」と言われているような雰囲気があります。

こういうのを"街の個性"というのでしょうか。

そもそも、新宿の場合は、ウェルカムな雰囲気を出さなくても、充分人で溢れていますからね。それはそれでいいのかも知れません。
でも、近くに住んでいて、子供とふらっと出かけるなら、銀座のような落ち着いた街がやっぱり好きです。

<新宿通りにて>
0807shinjyuku.jpg
Eos Kiss X2 + EF35mm F2

#銀座の場合は、ホコ天沿いにアップルストアがある、ということもポイント高いですね。休憩にはもってこいだし、ウチの子も好きですしね、特に3階がw
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.07.11

普通の日本橋高島屋トイカメラで撮った画像のように四隅を暗く&ピンボケさせるPhotoshop用フィルタプラグイン「ToyCamera ver3.4 Win/Mac」を入手。(フリーです。スタンドアロン版もあるようです。)
試しに、先日撮った日本橋高島屋の写真でその効果のほどを試してみました。右の写真が"元"です。

このプラグインには、設定項目がそれなりにたくさんあります。また、同じ効果を2度がけするなどのワザもあるようです。それらの組み合わせによって、結果がかなり変わってくるようです。
トイカメラを使った経験のないわたしには、"トイカメラぽさ"というのがよくわかりませんでしたので、とりあえずマニュアルに書いてあった「おすすめの設定」に従い、フィルタをかけてみました。(こういうときはおすすめに従うのが一番ですw)

結果は、下の写真。
おっ、ドキュメンタリー番組の1コマのような写真になりましたね。これが世に言う"トイカメラぽさ"なのかどうかはわかりませんが、確かに元写真と比べて味が出たような気がしなくもありません。

トイカメラっぽい日本橋高島屋
Eos Kiss X2 + EF35mm F2
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)

2008.07.07

土曜日は、Eos Kiss X2を肩からかけて、銀座周辺を買い物がてら散策に出かけました。

そのとき撮った銀座の歩行者天国の写真を、ブログにでも使おうかなとPhotoshopでいじっていたら、たまたま写真が絵画風になったので、メモがてら、その手順を残しておきたいなと。

0807artisticbase.jpg右の写真が元の写真。トリミングしてあります。
まず、Photoshopで写真を開いてから、「イメージ」→「色調補正」→「シャドウ・ハイライト」を選択。シャドウ・ハイライトの量をそれぞれ100%。カラー補正を-100に。
次に、「イメージ」→「色調補正」→「露光量」を選択。露光量を少し上げて、ガンマを多めに下げます。
仕上げに、「イメージ」→「色調補正」→「色相・彩度」を選択。彩度を少し上げます。
これで出来あがった写真が、下の写真。

三越周りや右のレンガ壁あたりなどは、それなりに絵画的な質感が出ているんじゃないでしょうか。
(とはいえ、この写真がたまたまそうなっただけで、必ずそうなるとは限りませんw)

写真をPhotoshopで絵画風にする方法
Eos Kiss X2 + EF35mm F2
categories:写真 | Comment(5) | TrackBack(1)

2008.06.26

デジカメの記録方式について。

rawjpgcheck01.jpgよく巷では、「RAWで撮れるカメラはRAWで撮った方が、JPGより綺麗に撮れる」なんて言われたりしていますが、実際のところどうなんでしょうか。

Eos Kiss X2で記録方式を「RAW+JPG」にして何枚か撮影してみました。
例えば、右の写真。RAWデータを、DPPでそのままJPGに書き出して、撮って出しのJPGと比較してみました。等倍にて、いろいろ詳細を見てみましたが、実のところ、あまり変わらないというか、カメラ内部による画像処理が効いているからか、JPGの方がノイズ処理が綺麗だったりします。下の写真が、等倍で卵を見てみた画。

他の写真も見てみましたが、概ねそんな傾向でした。
なら、JPGで撮った方がいいんじゃない、とは思うものの、RAWなら劣化せずにある程度補正かけられるしな、とも思いつつ、結論的には「基本、JPG撮影。年賀状とかに使えそうなココゾの写真はRAW撮影。」がよいんではないかと。

rawjpgcheck02.jpg
categories:写真 | Comment(0) | TrackBack(0)
ページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。